「飛乃剣弥作品集」を国会図書館に納付しました



『「納本制度」とは、図書等の出版物をその国の責任ある公的機関に
納入することを発行者等に義務づける制度のことです。
わが国では、国立国会図書館法(昭和23年法律第5号)により、
国内で発行されたすべての出版物を、
国立国会図書館に納入することが義務づけられています。』

国立国会図書館HP


総ての出版物は国会図書館に集められる。
この『国が出版物を保管してくれる制度』を利用して彼の著作を残す事にしました。


方法は至って簡単、
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/request.htmlの「収集第2係」に送るだけでした。

✱第1係が「民間出版物」とあったので、そちらへ送ったら第2係から「受取証」が来た。
無償での納本は第2係が担当しているとの事だった。


2週間程度で書誌的事項が決定されて、検索出来るようになりました。
https://ndlopac.ndl.go.jp/F/EMP7C8UQ3VCHI9BEVU3NMNGACFPPEQHBEXMA6UFJQHLXFRAQYE-26099?func=find-b-0

国会図書館3s

2冊送ったので、1冊は東京の本館にもう1冊は京都にある関西分館に保管されています。



by 飛乃剣弥縁者

「飛乃剣弥作品集」配布しました

飛乃剣弥作品集を発送し、全ての受取を確認しました。

豪華装丁と好評を頂きました。
ありがとうございます。

紙質、装丁方法等、ほぼ製本屋さんの仕様通りです。
栞や、表紙への布の使用は、ハードカバーなら此れくらいしないとという認識でした。

唯一、エクストラで注文したのは表紙と背表紙のタイトルでした。

DSC07384as.jpg

凸版を製作して本に型押しし、金箔を押してあります。



まだ多少余裕がありますし、10部位まとまれば追加製作も可能です。
無料配布は変わりません。
メールフォーム又は、「管理者にだけ表示を許可」のコメントでお申し込み下さい。



ひょっとしたら「第2集」があるかも知れません。



by 飛乃剣弥縁者

飛乃剣弥の執筆城



このバナーをクリックすれば「飛乃剣弥の執筆城」に飛びます。
neko-main1s.jpg

「飛乃剣弥作品集」 見本の一冊が届きました



京都の製本屋さんにお願いしていた作品集の見本が送られてきました。
A5版 475ページ 箱入り上製本です。
背は丸背と角背を比較して、見開きやすいフローティングの角背にしました。
表紙と背表紙は特に凸版を起こしていただき、箔押しとしました。

DSC05034s.jpg

DSC05030s.jpg

DSC05023s.jpg

DSC05028as.jpg



DSC05031s.jpg

DSC05035_2s.jpg

DSC05035_3s.jpg

「ロストチルドレン~Slaves of the Nightmare~」
「アシェリー様のお通りだ」
「ちょっとだけ成仏、してくれますか」
「未完の魂、死の予定表」
の4作品を収録しています。


DSC05027s.jpg
巻末には年譜、全作品リストを収録しています。

供養ですので、送料を含めて無料です。
飛乃剣弥作品の上製本を無料謹呈します』からお申し込み下さい。



by 飛乃剣弥縁者

「飛乃剣弥作品集」



没後3年に出版する飛乃剣弥の作品集の体裁が固まりつつあります。

 ライトノベル作法研究所の「高得点作品掲載所 」長編小説部門に上げられている4作品
「アシェリー様のお通りだ!」
「 ちょっとだけ成仏、してくれますか? 」
「 ロスト・チルドレン」
「未完の魂、死の予定表 」
の総てを載せられそうです。
A5判で400ページくらい、箱入り上製本にしようと思っています。


送料も含めて無料贈呈しますので、ご希望の方はこの記事のコメント(「管理者にだけ表示を許可する」をチエック)、
又は右下の「お手紙」に以下の事項を書いてお知らせ下さい。
1.ハンドルネーム
2.お名前
3.ご住所
4.メールアドレス
5.飛乃剣弥作品に一言(あればお願いします)


-by 飛乃剣弥縁者-