熱帯魚グッズの謎

 今日、熱帯魚用の餌が切れかけたので、近くにある小さなペットショップに買いに行きました。いつも買っているのは1500円する50グラム入りの餌なのですが、以前異常繁殖したプラティーの子供がすくすくと育ち、すでに立派な成魚サイズにまでなっています。それがもう食べる食べる。なもんで餌があっと言う間に減っていきます。

 で、サイズの大きな餌を買おうと店内を見回したところ、150グラム入りというのがありました。ソレに貼られていた値段シールを見ると……

 『5000円』

 ……ん? 待て待て待て。おかしくない?
 だって50グラムで1500円でしょ? コレ三つ買っても4500円よ? 普通大量買いすれば安くなるのに、何で高くなってんの?

 いや待て。そうか。そう言うことか。
 これまで買っていた餌はきっと50グラムもなかったんだ。で、コレにはきっと150グラム以上入ってるに違いない。

 そう勝手に解釈した私は、何を思ったのか50グラムと150グラムの餌を両方購入しました。
 で、部屋に戻り、量りの上に買ってきたばかりの餌をブチ撒けます。
 勿論、自分の考えが正しいことを検証するためです。
 結果、

 50グラムと書かれた餌……48グラム
 150グラムと書かれた餌……151グラム

 やりぃー! 推測通り! さすが俺!

 ……どうやら熱帯魚グッズには一般常識は通用しないようです。
 さぁお魚さん達。餌はたーっぷりあるから沢山お食べ。

 俺の20食分の金掛けた餌がな。


 ホームサイトへの案内状 

熱帯魚水槽のレイアウトを大幅変更。かなり疲れた。出来はビミョー。まぁいいや。