取り合えず最後ってことで

 いやー、今週はキツかった。
 仕事的にもそうだが、人間関係的な意味合いで実に苦しめられた。まぁまだまだ過去形ではなく現在進行形なんですが。
 とはいえ、これも社会人としての醍醐味。逃げることなく真っ正面から打ち克っていきますよ。

 えー、そんなわけで最後の雑記となります。
 総合的なあとがきといいますか、筆を置いたもう一つ理由を書いておこうかなと。









 一言で言いますと今の自分の限界が見えたからです。









 何と言いますか、このページを立ち上げた当初というのは、サブストーリーやら新作やら、とにかく書いているだけで楽しかった。色々と妄想しているだけで満足だった。
 それこそ朝から晩までです。仕事をしている時も、隙を見ては脳内執筆していました。
 が、色々と書いているうちに、よく首を傾げるようになりまして。


 話の内容がどれもこれも似たり寄ったりになってきていると思ったのです。勿論、細かい部分は違うでしょうが、大筋の部分で。



 小説は書き手の中の物を一部切り出して、そこに肉付けした物だと私は思っています。
 だから人生経験豊富な人は、色んなキャラクターを書けるし、色んなストーリーをつづれると思います。



 でも私にはもう切り出すところがない。



 これ以上書き続けても、結局は「またか……」となってしまいかねない。そこそこ満足行く物はできても、「これだ!」と思える作品が書けない。



 自分で言うのも何ですが、ある程度の実力は付いたのかなとは思います。どのようにすれば読者を引っ張っていけるのか。どういうストーリー展開が好奇心をそそるのか。どういうキャラクターが魅力的に映るのか。
 書き始めた当初はただ漠然としていたそれらの答えを、今は自分の中で明確な形に出来つつあります。
 ただ、あくまでもある程度は、です。
 私が今知っている答え以外にも、沢山の方法があると思います。




 だから一旦筆を置いて、色んな物を見ようと思います。聞こうと思います。味あおうと思います。
 人間的にもう一回り大きくなろうと思います。
 これまではほぼ全ての自由時間を執筆に当てていました。寝る時間を削って書いていたこともありました。休日一歩も外に出ず、一日中キーボードを叩いていました。書くこと以外に時間を当てるのは無駄だとすら思っていました。
 ですから他の人の小説を読むこともなく、ただひたすら自分の中の物を文字に書き起こす作業に没頭していました。
 外からの補給無しで戦い続けるような物ですが、その時は無謀にも限界が来るとは思っていませんでした。
 だって売れているプロ作家は、他人の作品を読む時間なんかないでしょうし、それでもアマチュアに感銘を与えられるような文章を書いています。
 どうすればそんなことができるのか。

 私の出した結論はこうです。









 プロはきっと自分の文章に新しい発見を見出して、それを次の作品に活かしているんだ。









 だから書き続けられる。限界なく。
 自己進化を繰り返して、常に新しい感触を覚えていられる。


 私も同じことをしようと思いました。
 でも無理でした。限界がきました。
 まぁ当然と言えば当然なんですが、あの時は絶対にできると思っていました。








 だって書くこと自体が楽しかったから。










 限界が見えてからは、執筆はどんどん義務化していきました。
 多分、『人形は啼く、主のそばでいつまでも』以降だったと思います。
 週一アップというノルマを自分に課して、ただひたすら書いていました。ノルマを達成できなかった時は暗い気持ちになりました。罪悪感すら覚えました。
 それでも充実感はまだ残っていました。
 ですが純粋な楽しさに苦痛が混じり始めました。



 書けば書くほど苦痛の部分が増え始め、どうしてこんな辛い思いをしてまで趣味を続けなければならないんだろうとも思いました。
 バカバカしくなった時もありました。いっそ死んだことにして、何の予告もなしにHPを放置しようかと思った時もありました。
 ですが、読んでくれて感想をくれる人がいるという大変有り難い状況を手放すことなど到底できず、無理にでもモチベーションを上げて書き続けました。自分の生み出したキャラクターに申し訳ないからという気持ちも多分にありました。
 でもそれができたのは時間があったから。
 小説以上に没頭できる物はないだろうと思ってたから。







 けどありました。











 それが今の仕事です。
 












 多分、良いキッカケなんだと思います。
 どうしようどうしようと思っていたところに、後押ししてくれる物が現れた。
 御縁とでも言うんでしょうか。
 だから今の仕事に没頭することで人間的に一回り大きくなり、いずれその内容を執筆に活かすことができればなと思います。休日はゆっくり本を読んだり、ゲームをしたり、テレビを見たりして、世界観を広げようと思います。自分の中に沢山の切り口を作ろうと思います。




 そしていつかまた、書くという作業そのものが楽しいと心から思える日が来ることを。




 三年間、本当にどうも有り難うございました。
 特に最後まで感想を下さった落下アキトさんとあおいさんには、どれだけ感謝してもしきれません。
 「読んだで」ボタンを押して下さった沢山の方々。大変未熟な内容だったとは思いますが、最後までお付き合い頂いてどうも有り難うございました。皆様がいなければ三年を待たずして閉鎖していたことは間違いありません。本当に本当に有り難うございました。



 えー、少し長くなりましたが、これを持ちまして私の最後の雑記とさせていただきます。十月以降、削除させていただきますのでご了承下さい。
 では、最後にバナジウム虎吉師匠に締めて頂きたいと思います! 






















good_bye.jpg





















 追記:『死神』第四部のプロットは無事完成しました。

 イメージバナー↓
 sinigami4.jpg

ホームサイトへの案内状