パラドックス

 本日、色々と欲しいゲームとかパソコン周辺機器とかがあったので久しぶりに秋葉原まで足を伸ばしてみました。
 ゲームはクローバースタジオの「ゴッドハンド」。「デビルメイクライ3」以来のハマリゲーになりそうな予感。
 で、周辺機器は外付けのCDドライブ。
 最近内蔵のCDドライブが調子悪くて……。今まで騙し騙し使ってきたのですが、CDを読み込むのに一時間もキュルキュルと異音をまき散らせるようになってしまい、大枚をはたく決断をしました。
 思ったよりも安いんですねー。九千円くらいで買えました。今はCDドライブ「だけ」というのはなく、大体DVDドライブとセットになっていて、しかも40倍速とか頼もしいお言葉の羅列が!
 早速家に帰ってドライブをセット。が、パソコンが認識しない。どうやらデバイスドライバが必要らしい。
 で、説明書を見てみると……。

『付属のCD-ROMをセットするとメニューが自動的に起動しますので、それに沿ってドライバのインストールを行ってください』

 …………。
 ……え?

 ちょっと待って。おかしくない?
 CDドライブ使えるようにするために、CD-ROM読み込ませんの?

 無理じゃん。

 以前、解凍ソフトをダウンロードしたら、実行ファイルが圧縮されてたこととかあったけど、ソレと同じくらい頭悪いよ。
 なーんで、ちゃんとユーザーのこと考えて設計してくれないかなー。

 おかげで内蔵のCDドライブ使って、また一時間キュルキュルって異音聞くハメになりました……。 ヽ(`Д′)ノ  ウワァァァァァァン!!

この世の無駄

 昨日、二つ上の先輩と一緒に、伊豆の方まで出張に行って参りました。
 かなり良い感じのイナカっぷりでしたね。
 排水溝のフタになってる石が半壊してたり、バス停の屋根がビニール製だったり、川に車が突き刺さってたりと、非常に情緒溢れるたたずまいでした。

 そんなイナカですから電車の駅も古き良き時代のモノです。
 デジタル画面のタッチパネルなどもっての他。当然ボタン式です。
 懐古の念に浸りながら、私が自分と先輩のキップを買おうとお金を入れ時です。妙な違和感を覚えました。
 二人分ですから取りあえず「複数枚買う」のボタンを押します。そうすると次に何枚買うのかを選ぶボタンが点灯しました。
 で、そのボタンの中に「一枚」ってあったんですけど……。

 いらなくね?

 だって「一枚」買う人は「複数枚買う」なんてボタン押さないじゃん。絶対無駄だって。券売機作った時に誰かツッコもーよ。

 まーそんなこんなで楽しい出張でした。

サイボーグの思考回路

 昨日に続きテストネタです。
 地理の中間テスト。担当はサイボーグ渡辺と言われていた、変わり者の教師だった。

《問題》次の文章を読んで正しいなら○を、間違っていれば×をつけて、その箇所を訂正しなさい。

 夏になると海が赤く染まることがある。この現象は赤潮と呼ばれ、プラクントンが異常発生したためである。


 ……○だろう。
 で、俺の答案を見てみる。昔の俺もやはり○にしていた。
 しかし採点は「不正解」
 で、模範解答。

 ×プラクントン→○プランクトン

 ……ソレってミスプリとかって言いませんか?

普通は。

直訳

 親が今住んでいる家を建て直すらしい。全部壊して一から建て直すんで、いったん賃貸マンションに引っ越すそうだ。で、良い機会だってんで、この前の三連休に実家に戻らされ、要らない物と要る物を区分けさせられた。
 その時に、中学の時の定期考査の答案を発掘。
 懐かしいなぁ、と思いつつ問題に目を通してみた。

《問題》次の英文を訳しなさい。
 Hey, doctor! Please coming! Hurry up!


 実に簡単な内容だ。まぁ、「先生! 来て下さい! 早く!」ってな感じが模範解答なんだろう。
 で、当時の俺の回答を見てみると……。

「おい、医者。来い。急げ」

 随分、挑発的だな、オイ。
 ……まぁ、マル貰ってたけど……。

貴方に捧げる死神の謳声

 「貴方に捧げる死神の謳声」の第二部をプロット中。意外と難しいね。続編って。楽しいけど。まぁ、こういうのをやるためにHP立ち上げたからなぁ。
 にしても冬摩強すぎ。取りあえず、ヤツの力を何らかの形で制限する設定を考えんとなぁ……。

アブない後輩

 今日、営業やってる後輩に本社で会った。で、仕事帰りにソイツの営業車で家まで送ってもらった時のこと。

 結構でかい交差点で信号待ちをしていた。歩道側の信号は赤になったが、人の流れは途絶えない。車道側もまだ赤なんで、渡ってしまえと考えている奴が多いんだろう。俺だってそうする。
 しかし、後輩の運転する営業車はなぜか急発進した。そして人に当たる直前で急ブレーキ。歩行者はもービビリまくりだ。
 一瞬、アクセルとブレーキを踏み間違えたのかと後輩の顔を覗き込んでみる。すると……。

「歩きの方の信号、赤になってるんですけどねー」

 車の方もな。

「危ないっすよねー」

 お前がな。

「でもアイツらだいぶビビってましたね」


 俺もな。


 皆さん。歩行者は交通弱者です。気配りは十分にしましょう。
 ……アイツの車には二度と乗らん。

人としての礼儀作法

 会社帰りの電車の中で同期と一緒になった。
 色々な方向に話は飛び、学生時代にした飲み会の幹事の話題となる。

「会社の幹事って結構しんどいけど、そういや学生の時の幹事ってどんな――」

 そこまで言った俺の体に戦慄が走った。

 ここから先は流れに任せて安直に喋ると大変なことになる。大阪人として、いや、人間として道を踏み外す行為。まさに愚の骨頂。ココは冷静に対処しなければならない。何としてでも回避しなければ。(思考時間0.3秒)

「――どんな、雰囲気やった?」

 よーし! 良いぞ俺! 無事、窮地を脱した!

「学生の時の幹事かぁ……。ああ、結構いい感じだったよ」

 恥を知れ。

ドラゴンボールZ

 久しぶりにドラゴンボールZが見たくなって、眠っていたDVD-BOXを引っ張り出してきました。いいねぇ、悟空とピッコロの共闘。新たなる強敵ラディッツの出現。王道ながらも燃える展開じゃないですか。

 でもさ。亀仙人のじっちゃんが、なんか変なこと言ってたのよ。
 それは悟空が息子の悟飯をカメハウスに紹介しに行ったシーン。

悟空「孫悟飯って言うんだ」
亀仙人「孫悟飯……。そうか! 死んだじいさんの名前を付けたのか!」

 『そうか!』って、アナタ。いったい何に納得したんですか?
 自分の息子に死んだじいさんの名前つけるなんてヤバイでしょ?
 ここは年長者として病院に連れて行くべきなんじゃないですか?
 
 だってさ、おじいさんだよおじいさん

 「サザエさん」で言うなら、タラちゃんが自分の息子に「波平」とか名付けてるってことなんだよ? ヤバイって。見たくねーよ、そんな家庭。

 色々ツッコミどころが満載っぽいドラゴンボールZ。コレからの展開が別の意味で楽しみです。

ケンカ売ってる?

 実家に帰った時のこと。
 テレビの隣りに真空パック詰めされた貝が置いてあった。
 何気なく手に取り、印字された文字を読んでみる。

 『宍道湖のシジミ』

 と、漢字の読みを忘れてしまったことに気付く。で、近くにいたオカンに聞いてみた。

「なぁ、コレなんて読むんやったっけ?」
「ああ、それ。『シジミ』やろ」

 そっちじゃねぇよ。

ソーサリアン

 懐かしのメガドライブソフト『ソーサリアン』クリア。
 ……いや、マジで難しかったです。ROMのどこでもセーブ機能がなければ発狂は免れなかったでしょう。ただでさえ扉に入りにくいのに。
 にしても絶対音感が無いとクリアできないステージって何ッスか? 昔のゲームはどうも「プレイヤーに苦労させる」ことを前提に作っている物が多い……。まぁ、そんなにすぐクリアされても困るからだとは思うが。

 でも懐ゲーっていいね。童心に返ったまましばらく戻ってこられそうにありません。なんでこれから『チャレンジャー』(FC)やります。『スーパーチャイニーズ』とか『スパルタンX』とかもいいなぁ……。

本格的に末期です

 会社帰り。
 そういえば牛乳が切れてたなと「毎日骨太」を二本購入。
 帰って冷蔵庫を開けてみると、すでに未開封の「毎日骨太」が二本常駐しておりました。
 ……あれ? 買ってあったっけ?

 リンスが無くなってきたのを思い出して詰め替え用を購入。
 風呂場でつぎ足そうとリンスの蓋を開けたら、すでになみなみと注がれておりました。
 ……あれ? 入れてあったっけ?

 寝る前に観葉植物に水をやろうとジョウロを持ち出しました。
 で、鉢の下に置いてある受け皿を見ると、すでに大量の水が張られておりました。
 ……あれ? いつやったっけ?

 いよいよ末期です。

 サンマが食いたくなった。
 魚屋で一匹70円だったので買って帰って早速料理。
 ただ、そのまま塩焼きにして食べても芸がないので、ココはちょっと創作してみた。

 まずサンマを三枚に下ろ……したかったが五枚になってしまった。ソレを一口サイズに切り分ける。さらに冷蔵庫にあった消費期限が今日までの豚肉、そして適当に切ったタマネギをフライパンに入れて油で炒める。調味料は塩のみ。
 で、完成。味の方は、

 激マズでした。

 なんと言うか……サンマの魚臭さと肉の生臭さがミックスアップして、互いの限界を限界で無くし、ソコに加わるタマネギの甘さがなぜか据えたような風味をカウンターで醸し出している。口の中では、まさに異世界の味がデンプシーロール

 調味料が塩のみなので、素材の味暴れまくりです。

 ハッキリ言って食材台無しでした。
 やはりサンマは塩焼きが一番。

 教訓:シンプル・イズ・ベスト。

 今日は疲れた……。
 晩飯作るのメンドいから、お弁当で済ませようと。お総菜屋へ。
 シャケ弁を買い、レジを出た直後に店内に響く声。

「はーい、ただ今からタイムセールスでーす。お弁当コーナー全品半額でーす」

 ……激しく鬱。

 今日、昼過ぎに本社に行ったのですが、途中で外人に道を聞かれました。
 地図を見せて行きたい場所を指さしながら、カタコトの日本語で話しかけてきます。
「ココ、ドコ……?」
 一瞬迷子かと思わせるようなフェイントに怯むことなく、私はココからの道順を教えようと口を開きました。
「Please……」
 と、ここまで言って私はハッとします。
(まて、ココは日本だろ。相手が外人だからって何でわざわざ英語で話さにゃならんのだ。日本人としての誇りを捨てるな! 堂々と日本語で返してやれば良いんだ! 食らえ外人! コレが日本語だ!)
 ――思考時間0.4秒――
「ずっと真っ直ぐ」
 外人は何やらバカにしたように笑いながら、「オーケーオーケー」と言って去っていきました。
 冷静になって、さっきの私の言葉を繋げると……。

「Please ずっと真っ直ぐ」

 バカ丸出しだ。

 教訓:中途半端は身を滅ぼします。

 昨日、炊いたご飯を炊飯器に入れたまま寝てしまった。いつもなら冷凍保存するのに……。どうやら改稿作業で疲れていたらしい。
 で、今朝炊飯器を見たら、

 フタが開いてました。

 どうも設定した保温時間が切れるとフタが開く仕掛けになっているらしい……。
 でもさ、ソレって何か意味あんの? 別に開くことないじゃん。閉まってたら少なくとも湿度は保たれるんだし。設計者の頭おかしいんじゃね?

 と、朝からカピカピになったご飯を虚しく食べてた飛乃剣弥でした……。不味いよぉ。

 「ちょっとだけ成仏、してくれますか?」推敲完了。更に少し長くなって、原稿用紙215枚になってしまった……。取りあえずラ研には投稿しました。コッチには明日にでもアップしよう。「アシェリー様のお通りだ!」と一緒に。……疲れた。
 部屋の掃除はまた明日だな。風呂入って寝よう。

 風も無い、揺れたわけでもない。ましてや触ったわけでもない。
 なのに……払い忘れてたガスの振り込み用紙が床に落ちた。コトッて音立てて……。
 い、いるのか!? そこにいるのか!?
 そう言えばさっきから突然眠気が……。

 この前実家に帰った時、オカンが電話でやけに嬉しそうに話してた。

「あ、そうなんですかー。大変ですねー」
「いえいえ、こちらこそ。お子さんも出来が良いって評判ですからねー」
「はい、はい。今後ともよろしくお願いします」

 で、切った後何気なく聞いてみた。

「誰から?」
「間違い電話」

 ……いや、ちょっとあんまりなんじゃね?

本日、次元を超越した。
寝てたわけでも、考え事をしていた訳でもない。
ただ、宙吊り広告をぼーっと見ていただけないのに、

二駅も乗り過ごしてしてしまいました。

 末期だ……。

 会社帰りの電車の中。自分の寝言がさめた。その時の寝言。

 「眠い……」

 どんだけ睡眠不足やねん。

 ウィンナーを食べたくなった。けど肉より高いものが沢山……、何故? まぁ美味しいけど。
 でも肉の方が安い……、何故? まぁアメリカ産だけど。
 で、結局食卓に並んだのはイカの塩焼き……、何故? まぁ美味しかったけど。

 デビルメイクライ3のラスボス、バージルをベリーハードのSSランクでクリア。ザマミロボケー。 
 DMDはまだまだ程遠い。酔っ払ってます、はい。何やってんだ俺は。明日も会社。早く寝ないと……。

燃えないゴミを出しに行った直後に、燃えないゴミが出た。ものすごく損した気分になった。

熱帯魚水槽のレイアウトを大幅変更。かなり疲れた。出来はビミョー。まぁいいや。

「ちょっとだけ成仏、してくれますか?」完成。原稿用紙207枚……。随分と長くなってしまった。推敲期間に移行。疲れた。ちょっと休憩。

風呂から上がって、まだ食器を洗っていなかったことに気づく。ちょっとヘコんだ。

ドシンプルHP立ち上げ完了。かなり疲れた。