本音:面倒臭い

 えー、以前。脳内カンパニー設立のお話をしたかと思います。
 研修の宿題であった「事業開発に関わった人にインタビュー」ってヤツですね。

 実はアレ、今とんでもないことになってまして。

 ほんの少し前まで順調に建設していたんですよ。脳内カンパニー。
 ただ……宿題の期限が近くなるにつれて、だんだん弱気になってきまして……。
 ホントにこれでいいのか? って自問自答を何度も何度も……。
 で、そんなことしてるウチに別のアイディアを閃いたんです。










 インタビューしたことにすればいいんだ、と。












 脳内カンパニーと何が違うか。












 それは実在するかどうかの差です(まんま)。












 どういうことか。


 えー、私は今の部署に来る前、開発の仕事をしておりました。なので外部の人とはそれなりに交流がありました。そしてその時に知り合った人に、新商品開発をしていた人がいたんです。
 で、ここからが肝心なんですが。
 その他社の人親しい人自社にいて、私はその人と面識があるんです。
 おわかりでしょうか? もう一度関係図を示しますと、










  他社の人
 ←親しい→ 自社の人 ←面識あり→ 
(新商品開発者)















 つまり、間接的に他社の人の情報が手に入るわけです。
 なので自社の人にインタビューして他社の人の情報を仕入れ、ソレをレポートにまとめて提出すればいいのです。


















 なんという完全犯罪。

















 研修の先生が裏でも取らない限り、決してバレることはありません。
 だって別にウソを言ってる訳じゃないんですから。
 脳内カンパニーより余程ましです。
 そんなわけで先日、さっそく自社の人に声を掛けました。一応、私より目上の人ですから、最初から事情を全部話して、インタビューさせて貰えるか確認してね。
 すると、

「ふーん、でさ。飛乃君はその研修のために外に出ることは可能?



 ……へ?
 意図するところがいまいちよく分かりませんが、まぁ、別に……。



「ああ、じゃあさ。段取り組んであげるよ。やっぱり直接聞いた方がいいでしょ。今電話するね」



 え? ちょ、あの、まぁ……。



「ああ、もしもし田沼(仮名)ですー。お世話さまですー。あの、今お時間大丈夫ですか? ……ええ、ええ。実はですね。ちょっと後輩が研修の宿題とかでインタビューしたいっていうんですよ。ええ、ええ……それでお時間とかあるかなーと思いまして電話さしあげたんですけども……」



 話は私を置いて勝手に進み、



「ああ、ああ、大丈夫。そうですか。ありがとうございます。それじゃ日時の方はまた後輩の方から電話させますんで。飛乃って言います。飛乃剣弥。はい、失礼しますー。ではー」



 電話を切り、














「オッケーだって」












 さいですか……。
 こりゃご丁寧にどうも……。





「じゃあさ、向こうの携帯の番号教えとくから、また飛乃君の方からかけてみてよ」




 はぁ、分かりました……。


















「じゃ、コレ社長の番号ね」



















 ちょ……。

















「大丈夫。すんごくいい人だから

















 おま……。
















「面白いこと分かったら俺にも教えてよ。聞き出すのは飛乃君の腕次第だからさ。じゃあね」



















 ……。
















 ……えー、そんなわけで。



















 社長インタビュー確定。

















 明日行ってきます。
















 ……どこで何を間違ったんだろう。


















090225.jpg

ホームサイトへの案内状

脳味噌が筋肉でできているからです←結論

 やー、最近また寒暖の差が激しくなってきましたねー。季節の変わり目というヤツでしょうか。二月ももう終わりですもんねー。















 というわけで風邪気味です。















 体温調節が追い付かない……。

 昨日からセキが止まらない……。

 パブロン飲んで早めに寝ましたが。

 で、その時にドラゴンボールのDVDをひっくり返してみて追ったのですが、なかなか愉快なシーンを発見してまして。

 ソレは悟空の子供時代。
 ピッコロ大魔王(オヤジの方ね)が若さを取り戻し、キングキャッスルに攻め込んだ時のこと。













090222(0).jpg
 兵隊を皆殺しにして中枢部に向かうピッコロ大魔王。











090222 (1)
「とまれい」















090222 (2)
「ん?」













090222 (3)
「ほう、うすらデカいのが出てきたな」
「おかしな妖術を使うようだな。おまけにもきかない」












090222 (4)
「そこで、この俺の登場となったわけだ」


















090222 (5)
素手じゃどうだ」















090222naze.jpg



















 銃がきかない相手だっていうのに、どうして素手で挑もうとするんですか?

 あなたの拳は銃弾をはじき返せるんですか? あなたの肉体には妖術が通用しないんですか?

 まぁそりゃ悟空とかみたいなのが出てきたんなら分かりますが、どう見ても無駄にカロリー消費が高いだけの一般人……。


 犬死には確定でしょう。


 あーなんか熱っぽい……。

 

 















090222.jpg

ホームサイトへの案内状

場所はJR品川の構内にある……(名前忘れた)

 はーい、研修から戻ってまいりましたー。
 さて気になる宿題量の方は!

なんと分量は据え置きで、期間が2/3に!

 つ・ま・り














 実質1.5倍














 え?
 ああ、別に全然平気ですよ。
 もう慣れましたから。
 全然、ね……。


 さ、て。
 そんなわけで帰りにラーメン食ってきました。
 で、入った店がみょーに怪しい感じで。店員の顔付きも何かおかしい。




 日本人じゃない……?




 そんなことを考えておりますと、







「いらしゃませー、一名ですかー?」













 
 来たよ中国人














 えー、中国人のお店には、過去に苦い思い出があります。



 が、一回くらいで偏見を持つのは可哀想。
 なわけで前回のことはサラッと水に流して、新しい気持ちでいざディナータイム!
 取り合えず味噌ラーメンを注文して、しばし待機。
 その間に水を飲み干してしまったので、お代わりを注文。
 で、コップを持って厨房の方に行く店員を、なんとはなしに見ていると――














 目の錯覚?














 今、さ。















 水道水入れたよね。















 確かに。確かに水道の蛇口をひねっていたように見たんです。確かに。
 しかしまぁ、普通そんなことは有り得ない。きっと気のせいでしょう。うん、そうだ。そうに違いない。
 
 そして水はそのまま私のテーブルに運ばれてきて、














 ダンッ!













 無言放置。















 「どうぞ」の一言もない。
 むしろコチラが「有り難う」と言わなければならないような雰囲気ですらある。
 けどまぁ、こんなくらいのことで怒ったりしませんよ。大人ですから。別に、ね。

 で、そのまま待つこと五分。
 味噌ラーメンが運ばれてきました。
 ラーメンのどんぶりの下にはもう一枚皿が敷かれ、そこにレンゲが置かれていました。
 店員はその下の皿を片手で持ち、テーブルに置こうとして――















 ずるっ!














 どんぶりが皿の上をスライド!


 私は反射的に手を伸ばして支え、どんぶりがひっくり返るのをなんとか回避!


 そして店員は!


















「ごゆくりー」

















 何事もなかったかのように退散。














 しかも伝票を表向きに置いて(普通は裏向きにする)。

 いや、ま、まぁ平気ですよ。このくらい。許容範囲です。ええ、全然ね。
 で、肝心の味の方はまぁまぁでした。
 ちょっと面の太さが不均一で、ちょっとスープが水っぽくって、ちょっと底に溶けきってない固形物があったりしましたが、まぁまぁの出来でした……ということにしておきました。疲れていたので。
 
 そして食べ終わり、カウンターでお金を支払って店を出ようとした時、

















「ありがとう言ってましたー」
















 お前が言え。
















 ……中国人すっげー嫌いになりそうだわ。

 














090219.jpg

ホームサイトへの案内状

どこで運命の糸が絡まったんだろう

 先日。家庭教師のバイトをしていた頃の教え子から、久方ぶりに電話がありまして。
 まぁ可愛げのない女の子で、以前はよくグチなどを延々と聞かされていたりしました。
 が、ここ一、二年ほどめっきり連絡がなく。ふぅー、ようやくアイツにも彼氏ができたかぁー、なんて親心を抱いていたのですが、突然の不意打ちTEL。しかもその内容が、















『なぁー、剣弥ぁー次いつ大阪帰ってくんのー? 一緒に遊ぼーやぁー















 飲みのお誘い。















 やれやれ……彼氏できたんちゃうんかい……と落胆しつつも、取り合えず色恋がらみのことを聞いてみると、











『あぁ。できたでー、彼氏。年上のなー』












 へ……? できた……? 













『めっちゃ優しいでー』












 なら、他の男と一緒にいるのはまずいでは――


















子持ちの旦那やけどなー』
















 ちょ……。



















 ……。



















 ……えー、つまり、何……?


















 不倫ってこと?


















『まぁ、そうなるかなぁー』





















090216kasama.jpg
 それでも軍人かぁ!

















 お父さんはお前をそんな子に育てた覚えはありません!


 今すぐ元あった場所に戻してらっしゃい!


 そしたら強引に三秒ルール適応してあげるから!














『もうそろそろ付き合って一年なんやけどな』














081228arienai.jpg
 おま……。



















 ……とまぁ、先週こういったやり取りがございましてですな。


 で、私のが似たような境遇じゃないですか。

 例のバツイチ彼女。

 今は勿論かつての旦那さんとはすっぱり縁を切っていますが、弟と付き合い始めた初期の頃は中途半端に繋がっていたらしくてですな。
 つまり短期間ではあったものの、弟も不倫というものを体験していたのです。
 ただ、そのことを初めて聞いた時は、好き合っているんだから別にいいじゃん、とか思っておりました。が、娘のように感じていた教え子が、そういう状況に陥ったことを知った時の反応というのがですな……まぁその、








 私の母親が弟にしていたことと似たようなものでして……。










 勿論頭ごなしに否定するわけではなく、ちょっと風当たり強いと思うぞ的な方向で話を進めはしたのですが、基本スタンスは反対
 立場変われば意見変わるとは言いますが、ここまで正反対になるとは……。
 結局、教え子も自分のしていることは間違っているという自覚はあるらしく、私に背中を押して欲しかったような雰囲気はあったのですが、どうなることやら……。
 なんか……どうして私の周りはこうドロドロなんだろう……。見るのはいいけど、実際に降りかかってくるのは、ちょっと、ね……。
 ヤバいよ、色々と……。









 じゃ、そんなわけで明日研修行ってきます。


















090216.jpg

ホームサイトへの案内状

まぁすぐに落ち着くでしょ






090215kimyou1.jpg











090215kimyou2.jpg

















 えー、そんなわけでこんにちは。飛乃剣弥です。
 みなさんもご存じかどうかは分かりませんが、昨日からカウンターの数値が奇妙です。

 いつも一日20前後なのに、有り得ない数値を叩き出しております。

 まーた、どかで晒されたんだろーなー、と思いながらアクセス解析を見てみますと、全員『飛乃剣弥の執筆城』の検索ワードで飛んできてらっしゃる様子。
 どこかに直リンされたわけではなく、ホームページの名前だけが掲載されたようなのですが……。


















嫌な予感しかしません。 

















 しかしリンクは辿れないので、グーグルあたりの検索エンジンが『飛乃剣弥の執筆城』というワードを拾ってくれるのを待つしかないわけでして……。ニ、三日は掛かるんだろうなぁとは思っていたのですが……










 ところがギッチョン。













 先程ググってみたら見事に引っかかってくれました。


 発信源はココ






『「飛乃剣弥の執筆城」の「死神」シリーズ・・・戦闘もの、恋愛、燃えます』
















 恋愛て(笑)。
















 まぁ『死神』シリーズはバトルメインですし、恋愛の方は『してくれますか?』に任せておけば良いんですが、改めて言われると奇妙な気分になるフレーズだなぁ。

 微恋愛かぁ……。確かにそうだよねぇ……。
 人が沢山死んだり、怨み合ったり騙し合ったりしてる物語だもんねぇ。

 そういえばこのサイト、以前にも『人形は啼く』の紹介を誰かがしてくれてました。
 こんな弱小サイトを他の人に広めてくれる方がいる、というのは非常に有り難いことではあるんですが、いきなりアクセス数が激増するとビックリしますね。

 まぁ韓国サイトで紹介された時の衝撃と比べるとまだマシですが(笑)。

 あぁ、ネットの世界ってホント恐いわぁ。

 ではでは。
 コンビニ弁当とかで、おかずの下敷きになっているソースって意味ないよね、と最近激しく憤りを感じる飛乃剣弥でした。
 さいならー。

 

 










090215.jpg

ホームサイトへの案内状

玲寺は見た!3

 はい、どーも。『玲寺は見た!』第三話でございます。
 うーむ、何とか書き上げたのですが……















 久里子編終わらないね。
















 おっかしーなー。三人仲良く一話ずつで過去話をまとめる予定だったのになー。またこんなに膨らみ始めてしまって。
















 いつものように。














 えー。この久里子の過去話。ホント、いつかやろうやろうと思っていて、ずっと先延ばしになっていたストーリーでございます。第一部を書いていた時は、「色々と人生経験豊富なお姉さん」という位置づけで久里子を登場させ、さらっと家族を殺させてみたりなんかしたですが(鬼畜)、なかなかその辺りを書く気が起きず。
 まー、キャラの掘り下げもそれなりに進み、せっかくだから全部巻き込んで書き上げてやろうというのが今回の目論見でございます。

 ちなみに今書いている久里子の家族は、私の中での理想像というかなんというか……。まぁ、私もリアル生活でごちゃごちゃしているものですから、せめて頭の中だけは美しい家族愛を保ちたいという願望の現われですな、はっはっは。とはいえバッドエンドが確定しているところが、妙にリアル(笑)。人生なるようにしかならねーぜってねー。

 最近もまた別の所からドロドロ話を持ち込まれたしなぁ……。また近いうちに皆さんにお話しすることになるとは思いますが。

 えー、それでは今回はこの辺で。
 次の第四話はまたいつになるか分かりませんが、せっせと頑張って生きたいと行きたいと思います。ではではー。

 
 













090212.jpg

ホームサイトへの案内状

本番が楽しみだ

 本日の業務終了間際。珍しい人が会いに来まして。
 普段あまり喋らないのですが、心では固く結ばれている戦友












 つまり研修仲間です。














 で、何をしに来たかというと、











「飛乃さん宿題終わりましたか? 私まだ全然やってないんですー」















 ……。














 ……いや、なんつか。
















 癒された。
















 その言葉が真実かどうかは置いとくとして(ぇ)、響きがすっげー懐かしい。
 遠くに置き忘れてしまった若かりし日の思い出よ、カムバックって感じで。
 最後に聞いたのはいつだったかなー。高二くらいか?






 で、


















 そういう奴に限って


















 ってオチがまたねー、お約束ー。
 まー、別にいーけどさー。俺は脳内カンパニー作るのに忙しいからねー。
 さー、仕上げにかかろう(棒読み)。














 


 
090210.jpg

ホームサイトへの案内状

次回予告(ぇ)



 すまねぇ!





 出来なかった!















 頑張って執筆してたんですが、他にも色々とやることがありまして。
 まぁ主に宿題なんですが、あと水槽掃除とか洗濯とかミンサガとかプロットとか。














 ……。















 ……えー、まだ書き上げてもいないのに次のプロット練っちゃったりしてますコレがまた。書いてるハナから次に書きたいヤツがポンポン浮かんで来るんだよなー。困ったモンだ。
 よって集中できない、進まない、別のプロットに逃げるという悪循環に……。
 ちなみに今のところ、脳内プロット等も合わせると全部で四つほど候補があります。







○「してくれますか?」第七作目 400枚くらい
○魎が主人公のお話 150枚くらい
○タイムトリップもの 600枚くらい
○死にたがりとツッコミと宇宙人のゆるゆるコメディ 500枚くらい









 この中から二つ選んで書いた後、『死神』の第四部に入りたいと思っております。
 まぁ……「してくれますか?」七作目はほぼ確定かしら。コレが一番プロットらしいプロットになってます。他のは設定とか、登場人物の説明とかくらいかな。魎のヤツはそもそもプロットとか作らないかも(笑)。勝手になんとかしてくれそうな気がするので。

 えー、そんなわけ、で。












 とっとと研修終わってくれー!









 三月いっぱいまでなんて待てねーよ!














 ……くぅ、こんなに長い三ヶ月は初めてかも知れぬ。

 『玲寺は見た!』の第三話は来週の水曜日になんとか。この日の休みを利用して書き上げたいと思います。
 そんなわけでまーた来週! じゃーねー!


















090208.jpg

ホームサイトへの案内状

良い意味での手抜き(多分)

 連日連夜、宿題に悩まされ続ける毎日。
 それでも少しずつは片付いてきた。
 が、数ある課題の中に――













090206ibutu.jpg













090207kadai.jpg











090207kadai1.jpg













090207kadai2.jpg
商品開発・事業開発の成功例を調べ、
事業開発に直接関わった人にインタビュー。

















 どうしろと。
















 しかもご丁寧に社内の人間以外でという条件付き。

 こんなのさー、運良くそういう人が居てくれて、しかもその人がけっこうで、「ちょっと課題の消化に付き合って欲しいんだけどー」なんて意味不明な理由を受け入れてくれない無理じゃん。
 大多数の人が出来ないと思うよ、コレ。
 勿論、私も含めてね。

 ええ、なので作っちゃいましたよ。

















 脳内カンパニー。
 














 いやー、自分で自分にインタビューするんだから楽だわー。いつでもできるしねー。
 はっはー! 待ってろよ大槻ー(先生の名前)!
 小説で培った俺様の妄想力を存分に見せつけてやっかんなー!


















090206.jpg

ホームサイトへの案内状

人の幸せは色々

 少し前にあった新年会での話。
 飲み始めて一時間ほどが経ち、アルコールがいい感じに回ってきた時、前に座っていた男の後輩が、


「そういえばもうすぐバレンタインですよねー」


 なにやら感慨深そうに発言。
 昔に何かあったのかー? とか聞いてみると、












「毎年悩むんですよー。選ぶの















 ……。
















 ……え?

















 いやだって、お前だよね。





 普通貰う立場なんじゃないの?





 それともアレ? ソッチ系の人なの?







 てか結婚してるよね。
















 とまぁ、酔いも手伝ってなのか、いい感じに混乱してきまして。
 どういうことなのか詳しく聞いてみると、














「ウチはポイントがあってですねー。バレンタインの日にチョコレート送ると、結構溜まるんですよ」














 ……。














 ……は?
















「まぁ、私の妻にですね。あとどれだけ怒られても大丈夫とか。料理をどれだけさサボっても大丈夫ですとか。まぁそういうポイントがあるんですよ」
















 ……。
















 ……へ、へぇ。

















 じゃあ……ホワイトデーは?














「勿論あげます」

















 即答、ね……。











「でもまぁ去年は色々と逆効果だったんですけどね。あははははは!















 はははー……。
















 ……。

















 じゃあ、キミの名前はシンプルに『ドM』で。














 
090205.jpg



ホームサイトへの案内状

もうコレでお掃除できない!

 昨日、部屋の掃除をしている時の事。
 私はいつも仕上げに、花王の『クイックルワイパー ハンディ』という物を使って、細かい埃などを取ったりします。











090202waipaa.jpg
 コレです。













 一応何回か使い回しができて、埃が堪ってきたら先を取り替えるという仕様なのですが、今回丁度取り替え時期がやってまいりまして。
 おニューのヤツを付けてみました。












090202mofumofu.jpg
 こんな感じ。













 やー、なんつかねー。


















 もふもふ感に癒された。

















 ホントスッゲーもふもふするんですよ!

 思わず何回も頬ずりしたくなるくらいに!

 まさかこんな身近な所に素晴らしい癒しグッズが転がっていようとは!

 花王がどうして、HPの「使い方いろいろ」のところに乗せてないのが不思議だね!

 皆さんも是非お試しあれ! 

 格安価格で最上の癒しが得られまっす!

 
 















090202.jpg

ホームサイトへの案内状

お願いだから空気読んで

 えー、昨日の夜中の四時まで改造版ロマサガをやってました。飛乃剣弥です。
 今はちょっと後悔してる。

 さ、て。
 最近、ホントに色々とストレスがたまっている訳なんですが、どうやらお家で書き物をしていても逃れられないようで。
 まぁ何と言いますか。
 一言で表すなら、おバカ変換とでも言いましょうか。
 例えば『風呂上がり』が、















 『フロア狩り』





 オヤジ一人ずつじゃ物足りないってか。














 『居たはずなんだ』が、














 『板は図なんだ』






 芸術の極地っスか。















 『悩み続けている』が、
















 『納屋見続けている』





 色々と帰って来いよー。
















 そして『願い』が、


















 『ネガい』



















090201ore.jpg



















 まぁそんな訳で二月になっちゃいましたね。
 ぼちらぼちらやっていきましょうか。

 













090201.jpg

ホームサイトへの案内状