仕事を片付けないといけないので

今日は雑記の更新は無理そうです……。

お家の方がデスクワークがはかどる不思議。

m(_ _)m

カクテルパーティー効果(視界ver.)

 先日、会社を辞めた人と一緒にお酒を飲んできまして。
 メンバーは私とその人を含めて六人。
 その人以外は全員同じ場所で働いているので、終業後みんな一緒に出たんですよ。

 で、彼が先に店で待っているのか、それとも少し送れてくるのか、なんて話をワイワイしながらお店に到着。
 私が列の一番後ろで入店後に扉を閉めようと思ったら、なんと彼が着いて来るではありませんか!








 素晴らしき神タイミング。








 久しぶりの再会でテンション上がり気味なところにサプライズが重なり、酒の席も大いに盛り上がりました。
 
 で、一時間ほど時間が流れ、宴もたけなわになり始めた頃。
 誰かが彼に言ったんですよ。






「そう言えば今日、来るのピッタリでしたよねー」






 って。

 まぁそれは誰もが思っていたことなんで、皆の食いつきもハンパなく。
 偶然ってあるよねーとか更に盛り上がっていたら、彼がどこか申し訳なさそうな顔で、





















「いや、十分くらい前から店の前にいたんだけど、誰も気付いてくれなくて……」





















 ……。



















 …………え?


















「みんな、スルーして普通に入って行っちゃって。焦って後ろから着いてっただけなんだけど……」



















 ……そ。













 そうだったんですかー。














 いやー、お喋りに夢中で気付かなかったのかなー。



 どうもすいませんー。


















「しかも飛乃さんとは目があったはずなんですけど」














110619-2.jpg









110619-1.jpg

 















 ……ご。















 ゴメンナサイ……。



















脳が認識してませんでした



















 人の目ってホント見たい物しか見ないよね……。

 




















110619.jpg


ホームサイトへの案内状

俺は幻想に生きる!




次の日記憶を失うまで泥酔しながら思い出のRPG『FF8』を実況プレイ 38








 あー、今回は編集ガンバった。
 いや、いつも頑張ってるけど、今まで一番頑張った気がする。
 EDもよりEDっぽくなったかと思います。ま、最近の激ハマりしているアニメの影響なんですが。















110612-1.jpg
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』













 やー、ナメてた。
 そーとーナメてましたよ。

 タイトルがやたら長ったらしかったので、かなり敬遠してたんですが、見てみたらビックリの面白さ。
 特に派手な演出がある訳ではないんですが、一人一人の内面がかなり深く掘り下げられていて、しかも「あー分かる分かる」と共感できる部分も多い。特に子供の頃、好きな子に対して「お前なんか嫌いなんだよ!」っていうのはもう定番ですよねー。
で、次の日謝ればいいやと思っていたら、とある理由でもう謝れなくなるんです。
 ところがひょんなことから再会できるんですが、受け入れることができず、どうしても冷たい態度をとってしまう主人公。挙げ句に追い払ってしまう。
 が、ED直前で走り出すんです。
 その子を探しに。



 その時にED曲が流れるんですが、その曲というがZONEの「Secret Base」のヒロインズカバー。


Secret Base~君がくれたもの~ zone




 いやー、もうね。



















 
 号泣でしたよ。





















 このタイミングでその曲は反則すぎるっ!

 まさか一話から泣かされるとは思わなかった。

 そんなわけで撮りだめしておいた「あの花」を毎日見てます。
 物語自体はもう終了間近なんですけどね(笑)。

 ストーリー良し、作画良し、キャラ良しと、どうしてリアルタイムで見なかったのかが悔やまれます。

 ま、ハマった一番の理由は、何と言ってもヒロインのめんまちゃんがロリカワイイからなんですが。

 けどあのキャラのあのニックネームはどうかと思うぞ。
 おかげでめんまちゃんが「ア○○! ○○ル!」って連呼してるじゃねぇか(笑)。







 えー、さてさて。

 先日、合コンに誘われたんですよ。

 何やら会社の知り合いが斡旋みたいなのをしているようで。例えばAさんが「実はBさんのこと気になっているの」とその人に伝えた場合、その人はAさんとBさんを合コンに呼んでくっつけると。

 で、私に突然お声が掛かってですな。なにやら女性の方から指名があったそうなんですよ。








 こんなことは人生でして。










 多少興奮状態におちいりながらも、なんとか落ち着いて参加しない旨を伝えました。




 ……。





 ……ま、私の人生哲学上、不要な場所なんですわ。






 が、相手がどんな女性かは気になる。





 
 当然ね。







 とりあえず同じ建家内にいる人で年上だということまでは教えてくれました。事前情報として。

 そうなると次に知りたいのは動機

 私のどんなところが気に入ってくれたのか。

 で、聞いたんですよ。

 そしたら――



















頭の中が面白いから、だって」

















 ……えーっと。





 つまり、だ。










 『頭の中が』→『頭が』











 『面白い』→『可笑しい』























 頭がおかしいってか。



















 ……いや、いいんですよ。
 褒め言葉ですからね。私にとっては。

















 でも名前を聞く勇気はゴッソリ持ってかれました。

















 ほーんと、欲しい物ってのはその時は手に入らないよねー。





















110612.jpg


ホームサイトへの案内状


『約束の保証』を読んで下さった方! 有り難うございました!

>「読みましたよ。斜め読みで見ると早いですね。純粋 正直な女の子の気持ちが良く分かりました。ありがとう。」

 私の恋愛経験が乏しいせいで、「純愛 正直」にならざるを得ませんでした(笑)。


『死を招き旅館へようこそっ』を読んで下さった方! 有り難うございました!

死を招き旅館へようこそっ2

 伊紗那ちゃんが……。幼女が……失踪してしまった!
 もうダメだよ。まじテンション上がらねぇよ。ここでお開きだよ。この作品は未完のまま終わるんだよ。

 ……ってなわけで一ヶ月の間をあけて第二話でございます。今後もこのくらいのペースでのアップとなりますので、あらかじめご承知おき下さい。

 しっかしヘタレ一人だと盛り上がりに欠けますかなー? ちょっとはホラーテイストでも演出しようかと思ったんですが、やっぱコメディ一直線ですなー(笑)。
 伊紗那が近くにいると、大体のことはなんとでもなりそうなんで緊張感が出ず。かと言って、ひとりぼっちにしてみようってやってみたら、想像以上にモチベが下がりきってしまいましたぞな。うーん、困ったものだ。好きなキャラ、好きなシーンは、物語を書き上げるのに必須ですね。今更ですが。
 ま、これ以上、神人視点でやってても埒が開かないんで、次からは別の視点で進めたいと思っております。さーて、誰がいいかなー。

 とか言ってる時点でおわかりかと思いますが、













 すでにプロットは破綻してます。
















 一年の充電期間を経ても、このスタイルは変わりません(笑)。

 



 えー、そんなわけで本日のネタでございます。
 昨日、ドラッグストアに行ったんですよ。
 痛み止め が切れてしまいまして。それの補充ですな。
 これまで私が愛用していた痛み止めは『ナロンエース』 。風邪の時とかにパブロンを合わせて飲めば、知らない間に全快復なんてことも多々ありました。
 が、薬は飲み続けていれば効果が薄れていくもの。最近効きが悪いなーと思っていたのです。

 そんな時、救世主が舞い降りる。





 その名は『ロキソニン』





 元々、医師が処方しないと手に入らない物でしたが、最近調剤薬局でも入手可能になった非常に優秀な鎮痛剤です。
 ハックドラッグなどで薬剤師に頼めば出してくれます。

 が、買う前にちょっとした説明 を受けなければならないんですよねー。

 以前に飲んだことがあるのか、変な症状でなかったのか、どのような痛みを抑えるために購入するのか等々。
 割としつこく質問してきます。

 特に最後。

 痛みの箇所はホントに深く深く聞かれました。

 私は頭痛持ちなので、それを抑えるタメにと返答したのですが、「あまり薬に頼るのは……」とか「ちゃんと病院に行った方が……」とか、余計な親切心を振り回してまー、しつこいしつこい。

 で、最後に私の頭痛遍歴を聞こえて一言。




















「あの、本当に頭悪いんですね





















 やかましいわ!




















 いや分かるよ! 話の流れ的にそういう意味じゃないってことくらい!





 けど後ろで別の薬剤師さん、おもっきり笑いこらえてんじゃねーか!



 あーあー笑いものだよ! しばらくここ来れねーよチクショー!







 あー天然恐いわー……。
























110605.jpg


ホームサイトへの案内状