へっ……想像以上に、

疲れたでござる。
実家から戻って来たござる。













ではマレーシアに旅立って来るでござる。









どろん!













 ……順調行けば10日後くらいにお会いしましょうぞ。

死を招き旅館へようこそっ4


 ハイパー伏線回収タイム。



 私の大好物でございます。
 さり気ない物から露骨な物まで。何とか余すことなく回収できたと思っております。

 いやー、ちゃんと完結したよー。
 原稿用紙換算で194枚ですか。やればできるじゃん、俺。
 こんなに短く纏まったのホント久しぶりっスよ。
 まぁ色んな意味で初心に帰れた本作でございましたが、いかがでしたでしょうか。
余り深く考えず、肩の力を抜いてバカバカしく読んでいただければ幸いでございます。

 できれば「伊紗那ちゃんカワイイー!」って思っていただければ、流血モノの幸せでございます。


 最後は、ね。

 ホントはもうちょっとデレデレさせたかったんですが、やりすぎるとイキナリ感が強くなりすぎるというか、「テメーの妄想にゃ付き合ってらんねーよ、こんチクショーめ」と見放されそうだったので、あのくらいで留めておきました。

 書き始めた頃は、ね。



 ラストで「あたしはお前の嫁だ!」とか叫ばせようとか思ってたんですけどね(キリッ



 まぁ伊紗那ちゃんにまでネラー属性付けちゃうと、神人の個性が薄れそうなのでやめときました。

 にしても丸々四ヶ月掛かってしまいましたなー。
 194枚っていうと、昔だったら三週間くらいで書けていた分量ですよ。
 いかにリアル生活が変わってしまったかが分かる数字ですね。

 で、次の作品なんですが……またちょっと間を置こうかと思います。
 少なくとも動画の方がエンディングを迎えた後になりそうです。
 やっぱり休日に三つのことを回すのは難しいと感じました。
 仕事と小説と動画編集ね。
 二つが限度ですな。
 まぁ掌編みたいなのを思い付けばアップするかと思いますが……。取り合えずこれからは動画編集に集中したいと思います。
 小説書くのも動画作るのも、どっちも面白いのですが、今は動画の方にやや心が片寄っているようですな。






 そうそう。
 動画と言えば、私この前寝ている自分の声を録音してたんですよ。
 酔っぱらいが思い付きでやったみたいなので、何を意図してなのかは覚えてないんですが、多分寝言を取ろうとしたんだと思います。寝ている間、どんなこと言ってるんだろーっていう好奇心で。
 で、七時間にも及ぶ音声データを波形に変換して、振幅が大きいところだけを選択して聞いてみたら、残念なことに寝言を全く言ってなかったんですよねー。





 ただ、一つ大発見をしまして。




 眠りが深くなった時の私のイビキがですね、





















 酸素マスクで息してる音にそっくりでした。























 コーホー、コーホーってやつですね。

 どこからどうやって声を出しているのか、さっぱり分かりませんでした。再現できねーよ、あんな声。

 人間の体で不思議なことだらけですよねー。



 

 
















110807.jpg

ホームサイトへの案内状