廃墟オタクは動じない5

 この前、CTを撮ってきたんですよ。
で、検査前に造影剤という薬を注入されるんですが、それが結構クセモノでして。打つと体が熱くなって、ちょっと吐き気がするんです。
 なのでまぁ病院の人も、「気分悪くなったら、すぐに言ってくださいねー」って言ってくれるんです。
 で、造影剤打たれて、ちょっと気持ち悪いな、って思ったんで言ったんですよ。「吐き気がするんですけど」っと。
 そしたら、













「すぐ済むんで、ちょっとだけ我慢してくださいねー」















 強行突破かい!













 だったら最初から希望持たせるなよ。まぁマニュアル通り言ってるだけなんだろうけどさ。

 そんなわけで第五話です。
 さて。ここで予想通り予想外が発生してしまいました。














 女霧可愛いじゃん。














 や。ストーリー進行がプロットと全くの別物になるのは、いつものことなんですが(ぇ)、キャラへの思い入れがイキナリここまで強くなるのは初めてかも……。

 七ツ橋は最初から「よーし。可愛く書くぞー」と意気込んでいたので、その分女霧の方は割を食う形でスタートしたんですが、こりゃあ逆転する可能性もありますぜ、旦那。

 ただ、あんまりにも途中から入れ込みすぎると、ものすごく自然な動きをしている場合があるので、その辺はわきまえて行きたいと思います。



 しかしいかんせん私も人間の男



 感情が暴走するあまり、違うと分かってても突っ走ることは多々あります。それはさながら、ラス目の親番で他家リーチに安手でぶっぱするように(分かる人には分かるはず)。


 なので読んでて「あれ?」って思ったら、「ああ……やっちまったな、このクソボケが」と冷ややかな視線を注ぎながらブラウザバックしてください。人が一生に使える時間は限られているのですから(南無)。


 まー、そんなわけで、中身が無さそうでやはり無かった内容になったところで、お開きにしたいと思います。
 黄金週があるんで、六話はわりとすぐにアップできそうな気がしてます。
 ただそろそろ動画のほうもイジリたくなってきた。エンディングまでこぎつけんと、死んでも死に切れぬわ。

 じゃーそんな感じでー。
 バイバーイ( ゚Д゚)ノシ。

廃墟オタクは動じない4

 まさかのサブタイ変更!



 ……いや、すまねぇ。なんかこのまま行くのも、つまんないなーと思って、一話からサブタイ全部変更しちゃいました。最初は場所指定だけのサブタイでも、結構キャッチーな感じなんじゃないかと思っていましたが、四つも並ぶと全く色気が出ねぇという……。
 いやはや、創作は生き物だということを、今さらながらに再確認させられましたよ。



 さ、て。
 この四話は「山場その1」的な展開となっております。
 色々と胡散臭そうな刑事の介入が始まり、終一朗の過去がちらほらと。まー、バカばっかりやってないで、シリアス成分も混ぜないとねー、とか思いながら書いてたらシリアスばっかになっちゃったでござるの巻


 そういえば、警察というキャラをメインでは書いたことないんだなー、今まで。教育実習生もそうだけど。
 なのでまぁ、下調べが色々とあるんすわ。あんまりリアリティーなく「とりあえず『公務執行妨害』って言っとけば良くね?」的な展開だと白けますしね。



 あと、今週一週間はしんどかった。復帰早々、調子のって肉体労働しすぎましたね。

 疲れが溜まったせいか、金曜は22時に寝て、土曜の11時起き。で、14時から18時まで昼寝して、そのまま22時にはまた就寝するという、小学生真っ青の一日14時間睡眠。



 やっぱり体は正直です。





 睡眠は大事よ、睡眠は。












 まぁそんな感じで、次回アップは遅れるよー、と公言できたところで、今回はこのあたりで。

 明日の仕事に備えて、そろそろ寝る準備をいたすとしましょー。
 バイバイ( ゚Д゚)ノシ。