勤労の報酬

 えー、今日も大掃除がありました。
 場所はテストキッチン。その名の通り、料理をテスト的に作る場所です。
 四つ口コンロが八台。中華コンロが二台。大型冷蔵庫一台。大型冷凍庫一台。ディープフリーザー二台。
 かなり大きな部屋です。狩り出されのは、私も含めて十人。男女比は男2女8です。
 くじ引きの結果、私は冷蔵庫を担当することになりました。
 電源を落とし、中に入っている物を全て出し、棚を取り外して内壁をマジックリンと雑巾で拭いていきます。この日、私は他にもやらなければならない仕事があったので気合いを入れてとっとと終わらせることにしました。
 物が上に乗ったまま力技で棚を取り外し、速攻で拭いて、また力技で棚と物を一度に戻す。
 この効率的な作業により、冷蔵庫の掃除はなんとか三十分で終了。その間ずっと体を酷使したために、筋肉への負担は大きかったですが……。

 ともあれ、さっさと抜けて別の仕事をやるべし。
 私は意気揚々と大掃除の仕切りをやっている人に報告しに行きました。すると、

「あ、じゃあ次、冷凍庫の掃除お願いね」

 ……へ?

 よく見ると確かに冷凍庫は手つかず。
 人手が足りなかったのか、どうやら先に終わった人が担当する仕組みだったようです。

 しまったと思いつつも私は冷凍庫の掃除に取りかかりました。
 冷蔵庫の時のと同じく力技で。

 そして四十分後。ようやく終了。いざ報告に。

「じゃ、次。ディープフリーザーヨロシクね」

 ……な、なぬ?

 確かにディープフリーザーも手つかず。誰もやっていません。
 まぁ、男は私ともう一人だけだし、女の人はこういう力仕事はやっぱり遅いのかなー、と思って周りを見回すと、




「いや、だからさー、ホント知らなかったんだって」
「ウソーッ。あの顔は絶対怪しいって」


「一昨日の亀田戦、見た?」
「あーあー、でも結局判定勝ちじゃ、イマイチだよねー」


「最近朝つらくてさー」
「もー年なんじゃね?」

 





gogo1.jpg





gogo2.jpg











手ぇ動かせや、お前ら。







 しかもよく見ると、さっきまでいたはずのもう一人の男がいなくなっている。
 慌ててそのことを聞くと、

「あ、なんか別の仕事があるとかで、さっき抜けてったよー」










gogo3.jpg











「その分、飛乃君が頑張ってね。やっぱ男手ないと、つらいんだよねー」








 …………。


 





 ……………………。









omae.jpg















ienai.jpg




 でも言いたいいぃぃぃぃぃぃぃ!
 WRYYYYYYYYYYYYYY!!


 ---------------------------------------
 『一緒に孤立、してくれますか?』最後まで読んで下さった方、どうも有り難うございます! 太郎の真骨頂は次の『ちょっとだけ成仏、してくれますか?』で発揮されますよ(笑)。

 ホームサイトへの案内状 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/109-2b727233