『羅刹』『死神』の温泉ゆけむり大作戦

 えー、今年最後の小説となりました「『羅刹』『死神』の温泉ゆけむり大作戦」。
 タイトルからして想像できますように、まぁまたしてもブッ飛んだ展開になっております(笑)。今回は本編の最後で匂わせておいた温泉旅行編。ただし視点は冬摩でも朋華でもなく『死神』です。一度やってみたかったんだ、『死神』視点。それと『羅刹』と『死神』の掛け合いも。

 ホント良いキャラに育ってきたくれたなぁ『羅刹』クン。天然のボケボケっぷりを遺憾なく発揮してくれました(笑)。登場人物が勝手に動いてくれて、作者の手の届かないところで成長してくれるっていうのは、執筆の醍醐味ですな。
 そう言う意味では、朋華も今回で個性が強くなってくれました。第一部の最初の頃は、ホントどこにでも居そうな気弱イジメられっ子だったのにねぇ……。今や(色んな意味で)冬摩を食ってしまわんばかりの勢いで成長を続けております。
 まだ第零部のプロットさえ出来ていない状況ですが、第三部も書いてみたいね。何となく。

 年明けは麻緒に関するサブストーリーをお届けしたいと思っております。
 それでは今年はこの辺で。今から実家の大阪に帰ります。新幹線、混んでんだろーなー(汗)。

 当ブログ及び、ホームサイトに訪れてくださった皆様。今年はお世話になりました。また来年もこの調子で頑張っていきたいと思います。
 ではでは、良いお年をー。


ホームサイトへの案内状 

 ---------------------------------------
 『貴方に捧げる死神の謳声 第二部』を最後まで読んで下さった方! 有難うございました! 引き続きサブストーリーも楽しんでいただけると、嬉しいです!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/117-a8a3ad4a