FC2ブログ

若き日の過ち

 え゛ー、どうやら本格的に風邪を引いてしまったようです。コフコフ……。
 喉が痛い、熱っぽい、体がダルい……。
 まぁ、典型的な風邪の症状ですな。
 なので今日は有給取って会社休んでました。今、大分マシになったんでコレ書いてます。

 で、今朝ぼーっとする頭で天井を見ていると、ちょっと昔のことを思い出しました。
 あれは私が小学校低学年の頃です。
 元気よく外で遊んで帰ってくると、何故か頭が痛い。フラフラする。熱っぽい。
 体温を測ってみると、なんと39度。かなりの高熱です。
 間違いなく風邪だと思いました。ヘタしたらインフルエンザかも知れません。
 親は両方とも仕事で家にいなかったので、私は自力で布団を敷き、沢山の掛け布団をかぶって寝ました。

 が、夜になっても熱は全く下がりませんでした。それどころかドンドン上がっていきます。母に聞くと、今体の中で病原菌をやっつけてるから、その温度で体温が上がるのだと言われれました。そして薬で無理矢理下げるのはよくないとも。
 私はその言葉を信じ、一晩高熱に耐え抜きました。
 そして次の朝。体温を測ってみると41.5度まで上がっていました。
 さすがに母もおかしいと思い、病院に連れて行ってくれました。
 そしてお医者さんは、私の症状を見て一言、










「ああ、日射病ですね」












 *日射病……直射日光の下で長時間行動しているような場合に起きる。頭痛、目眩、嘔吐などの症状があり、ただちに体の冷却などの緊急処置をしなければに至ることもある。
















 もう少しで自殺するところでした。











 ちなみに体温計の上限温度は42度なのですが、そうしてその温度なのかご存じでしょうか。それは体のタンパク質が42度で変性を始め、機能に障害をきたし始めるからです。
 比喩でも何でもなく、脳味噌が溶け始めます。

 私もきっとあの時、頭のネジが何本か取れたのだと思います(笑……い事じゃないよな、うん)。


ホームサイトへの案内状 

 ---------------------------------------
 『キミの口から腹話術、してくれますか?【前編】』を読んで下さった方! どうも有り難うございました! 体調不良故、【後編】はやや遅れるかも知れませんが、何とか来週中には書き上げたいと思います!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/138-207814fe