未完の魂、死の予定表1

 えー、何だか久しぶりの完全新作な気がします。続編やら、サブストーリーばかり書いてて、ソレはソレで良いんですが、「真っ白な紙に書きたい!」と、唐突に思い立ちまして(笑)。今作のプロットを練り始めたのが三週間ほど前ですか。
 どーせ書くんなら、これまで書いたことのないジャンル……と考えた時に、そうだ! ミステリーだ! と思い立ちまして。本作『未完の魂、死の予定表』の構想を練り始めたわけであります。
 で、前々から書いてみたかった舞台がありまして。それが『洋館という閉鎖空間』。私個人としては、謎めいた雰囲気を出してくれる所なんか非常に好きでして。『学校という閉鎖空間』とどちらにしようかと悩んでいたのですが、ストーリーテラーみたいなの配置したいなーと思い、洋館になりました。

 さて、本作はモザイクノベルの形式を取っております。モザイクノベルとは多視点で一つの事象を追った小説のことで、『ブギーポップ』などが有名どころでしょうか。あと、ココに置かれている『三度目の正直』も一応モザイクノベルです。
 招待客五人の視点から一連の流れを語ることにより、どうして死ぬことになったしまったのかが分かるように書いていくつもりです。

 ただ、まぁ、暗いです(汗)
 特に『してくれますか?』と後だと、鬼のように暗いです。一応ベルグがフォローっぽいことはしてくれているんですけどね。

 それでは、次はChapter2でお会いしましょう。果たして次は誰が死ぬことになるのでしょーか(鬼畜)。ではではー。


ホームサイトへの案内状 

----------------------------------------
 『三度目の正直』を読んで下さった方! どうも有り難うございました! 随分遅い時間でしたけど、睡眠の方は大丈夫ですか?

>アキトさん
 どーもお久しぶりです。さっそく『未完の魂、死の予定表』を読んでいただき、更にメッセージまで送って下さって感謝感謝です。
 やっぱりデスノートっぽく見られてしまいますよねー。私もある程度は覚悟しておりました。けど、全然違う展開にするつもりです。なので最後までお付き合いいただければ幸いです。
 それではまたChapter2で。ではではー。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/166-f3161ad1