お願いだから嘘だと言って

 今日、会社でちょっとした事故がありました。
 事故ったのは私ではなく他の人なのですが、会社全体で問題視される程の事故だったようです。詳しくは聞いておらず、全員に配信されたメールで概要を知っただけなのですが、パイロットでの中型機械を使った作業中に起こった事故のようでした。

 何でもそうなのですが、便利な機械というのは一歩間違えれば立派な凶器に早変わりします。その方は機械の熟練者だったのですが、それ故に油断してしまい、マニュアルに無い使い方をしてしまったようです。

 で、昼休み。
 その事故の事後処理を担当させられた別部署の先輩に、詳しい話を聞きに行きました。

 ケガをしたのは右手の人差し指
 回転体に挟まれ、引き込まれはしなかったものの、指先からかなりの出血があったようです。

「それでさー。結局俺が片づけるハメになってねー、その機械」

 私は何だか痛そうな話が始まりそうだったので、茶化しに掛かりました。

「まさかひとりでに動き出したとかー? 人間の血の味を覚えたりしてー」

「まさか……」

 
 彼は首を振りながら暗い顔で返します。
 そりゃそうですよねー。


「どっかから笑い声が聞こえてきたりしてー。だってほら、ウチって幽霊出るんでしょ?」

「それはないなー」


 半笑いになりながら言ってきました。
 だよねー。ありえないっつの。


「じゃあひょっとして、その機械からグロい物とか出てきたりして。人の肉とかー」

 ンなことあるわけ――





「そうなんだよ」




 ――ねー、よなー……













 あははー……。













 …………。














070302mazi.jpg
マジで?








070302mazide.jpg
マジで
















 どうも人差し指の先の肉が、ちょっと抉れて機械にこびり付いていたようです。



 ((((((((;゚д゚))))))ヒィィィィィィィ!!


ホームサイトへの案内状 

----------------------------------------
>アキトさん
 『未完の魂、死の予定表』チャプター2を読んで下さってどうもありがとうございました! そして死のパターンは読み通りです(笑)。
 それではチャプター3でお会いしましょう。今のところ半分くらいです。ではではー。

コメント


>とちさん
 とりあえずこれまでどおり呼ばせて貰いますね。
 この雑記は結構……でしたよ(何)。

>兄さん
 私も「冗談に決まってるじゃーん」って言葉期待してたんですけどねー。
 そうしてくれれば「コイツ面白いじゃーん」ってなってたんだすけどねー。
 現実はリアルです(当たり前)。

・・・・・・ぐっ

冗談から出た真・・・
なんか・・・あれですか?
ボーリングのねじれてるの想像したんですけど・・・
知りたくない事実って巧妙に姿を隠して出てきますよねー・・・

あははー・・・(物凄く遠い目

いずというハンネだと他の小説サイト様に同名の方が結構たくさんおり、
とちというハンネだと意味不明な文句言ってくる方々がいるので、
どうしようかこのやろーのいずのようなとちです。

雑記の感想

……うっ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/178-99cbce55