類は友を……?

 会社の女性社員の一人、ミス・ミスター
 彼女はありとあらゆることを『雰囲気』で表現します。
 で、今日の昼休み。
 彼女が居室でお弁当を食べながら同じ部署の女の子と喋っておりました。別に聞くとはなしに耳を傾けていると、


「それでさー。電車乗ろうとしたら人がギャーっ感じで。やっと入れたと思ったら席ギューって感じだったの」

「まぁ一日くらい良いじゃん」

「でもね、でもねっ。優先座席にノッサーってしてる人いて、チョー自己中なんだけど」

「あー、それムカツクかも。荷物くらいどかせって感じよね」

「でしょでしょ? だからなんか朝から頭ん中ずーっと、照りっ放しなんだけど」

「……アタシに八つ当たりとかしないでね」













 リアル・ブログペット?












 端から聞いていると、何の脈絡もない言葉を繋ぎ合わせただけにしか聞こえません。
 ほら、会話っていわゆるキャッチボールじゃないですか。でも彼女の場合、凄い魔球が飛んでくるんですよ。
 消えるどころか目の前で核爆発、みたいな。
 ただソレをちゃんと受け取って返す方も返す方です。
 長く付き合っていると慣れてくるものなのでしょうか。

「あ、そーそー。昨日なんか懐かしい夢見ちゃってー」

 彼女の夢? きっと私には想像すら出来ない天外魔境が繰り広げられているのでしょう。


「何だったかなー。なんかのCM。ほら、こー、なんかガシーって見てて、ヒタヒタしてくるヤツ」


 ガシー? ヒタヒタ?

 そんな訳の分からない情報で伝わるわけ――


「あぁ、ドモホルンリンクルね




 ( ゚Д゚)!?







「そー! ソレ!」



 (゚Д゚ )!?


 宇宙人どうしの会話は、周囲に混乱と悲哀をばらまいてくれます。

 いつ洗脳されてもおかしくない……。


ホームサイトへの案内状 

コメント


 ホントどういう耳してんのかよく分からないんですよねー。
 感覚で物を言う人同士だと、あんな擬音語だけで会話できちゃうのでしょうか。でもいくら女性の右脳が男性より発達してるからって、ねぇ……。 

ちょ、聞き手側凄っ・・・w
ぇ、最新式翻訳機能のついた何かを・・・
てか爆発する魔球をどうやったらそう返し・・・
えぇぇぇぇえぇぇ・・・(乱

「電車乗ろうとしたらー自己中なんだけど」は解った・・・まだなんとか解った・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する