新手の挑戦状?2

今日、何か知らない人が私の居室に遊びに来ました。
 まぁ、知らないと言っても単に私が知らないだけで、周りの反応を見てみるとかなりの古参のようです。
 私の上司がやたら下手に出ていたり、普段恐いお局様が気持ち悪いくらいの愛想笑い浮かべていたり。
 となるとやはり気になるのは、その人の階級。
 スーツ姿でいるところを見ると、どうやら彼は本社の人間のようです。
 本社では私のいる研究所とは格付けがちょっと違っておりまして、「業績職」「準業績職」「基幹職」「準基幹職」と大きく四つに分かれていて、その中でまた一級から三級まであります。
 で、準業績職以上は管理職と言われ、課長、部長などのいわゆるリーダークラスです。
 業績職の人間は殆ど役員クラスなので、下っ端の私は殆ど会ったことがありません。
 私の上司のへりくだりようをみると、まさか彼が噂の業績職の人間なのでしょうか。

 ベテラン社員である『死語使い』の女性に聞いてみると、


「あー、あの人ね。あの人はウチらで言うところの次長かな」


 ほぅほぅ、次長ですか。
 では次長というのは本社ではどの辺のクラスなんでしょうか。


「えーっと、次長はねー。何て言うのかなー」




 彼女は少し考えた後、














「あーうん。部長と課長の間かな」










 知ってるよ。









 ワザと? ワザとですか? バカにしてます?
 それとも私の被害妄想が激しいだけ?

 女の人って思考が複雑だからよく分からないんですよ(違う)。

 ……ちなみに次長とは準業績職でした。


ホームサイトへの案内状 

----------------------------------------
『未完の魂、死の予定表』チャプター4を読んで下さった方! どうも有り難うございました! 次で完結でございますので、もう少々お待ち下さい。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する