コレも一種の死の宣告

 今日の午前中。私がPCに向かってデータの入力作業をしていると、背後で黒い殺気を感じました。
 体を震わせながら振り返ると、そこには例のお局様の姿が。
 私の原初の記憶に恐怖を刷り込んだ御方です。
 身に覚えはありませんが、きっと何か失敗でもしたのでしょう。

 そうです。そうに違いありません(自信アリ)。

 ああ! そう言えばこの前、購入した化学物質の入力を怠っていた時のことについて、まだ何も触れられていない!
 時間差攻撃か!? 油断させたところを一気にグサッ! って寸法か!?


「飛乃君……」


 は、はひ……。何でござりましょうか……。







「アリガトウ」






 …………。

















070314na1.jpg













070314na2.jpg













070314na3.jpg
吐血





  な、なんだ!? 今なんつった!?



 なにが起こった!?





 『アリガトウ』?




 俺は怒られこそすれ、お礼言われるようなことした覚えはないぞ!(開き直り)



 いや違う。

 『アリガトウ』ではない。


 『a rigor 刀』だ!


 直訳すれば、『苦難の刀』


 意訳すれば『これからアタシがアンタのこと、不幸のどん底に突き落として、八つ裂きにしてあげるから覚悟しなさい! オーホッホッホッ!』ってことだ!




 間違いない!





 だが……だが……。









 彼女のちょっと照れたような笑みは何だ!?







 いや……。





 そ、そうか……。





 分かった!




 マフィアはターゲットを消す際、相手を油断させるために豪勢な贈り物をするという。

 かつて世界を震撼させたコンピュータ・ウィルス『I love you』。甘い言葉の後に待つ悲劇

 日本の昔話でも有名なのがあるじゃないか。
 『浦島太郎』
 お土産、と言って渡された玉手箱を開くと……






 そうか……。






 そういうことか……。






 読めた!





 完全に読めたぞ!







 つまり……!
















070314sayounara.jpg















 ってことだ! 今度こそ間違いない!













「飛乃君どうもアリガトウ。ホワイトデーのお返し








 ……へ?







 ホワ……?







 …………。






 ……あ!





 思い出した。





 思い出しました。



 そうです。



 今日はホワイトデー。

 我々男性陣から女性陣の皆様にプレゼントを送る日です。

 今年は別の人がとりまとめて買ってきてくれていたので、すっかり忘れてました。
 そう言えば一週間ほど前、千円徴集されましたよ。

「それじゃ」

 お局様は私の前から去り、別の男性にも『アリガトウ』とお礼の言葉を。
 普段は恐い人ですが、こういうことはキッチリやる人なんですね。

 それにしても……。











070314fuu.jpg
ふう……。













 心底安心しました。


 もう彼女の恐怖呪縛からは逃れられそうにないです……。orz


ホームサイトへの案内状 

----------------------------------------
>アキトさん
 『未完の魂、死の予定表』チャプター4を読んで下さってどうも有り難うございました! なんとか欺けたようで何よりデス。それでは次は最終話でお会いしましょう。ではではー。

>ヴィルアスさん
 『未完の魂、死の予定表』チャプター4を読んで下さってどうも有り難うございます! ご質問の件に関しましては今夜中にレスいたしますので少々お待ち下さい。

コメント


>兄さん
 兄さん! 兄、さああぁぁぁぁん!(なに)
 いや、マジで落ち着いてられませんぜ。
 ホントに脳味噌フル回転しましたから。素直に褒められるよりも疲れました(笑)。

>ヴィルアスさん
 少しだけでもスッキリしたようで幸いです! これからユックリご自分のスタイルを見つけていってください!
 
 あのお局様は……うーむ。
 まぁ、とりあえず恐いです(笑)。

質問への返答ありがとう御座いました。ちょっとすっきりした気分ですw

うーん、その彼女のことを知っているわけではありませんが……飛乃さんがそういう風に戸惑うことを見越しての行動だったのではないでしょうか。

……嫌がらせ? いや、そこまで人を疑ってはいけませんね。

疑心暗鬼も可愛いお局様の笑み。
おちつけ、飛乃さん。・・・落ち着きようも無い?
吐血の如き心労お疲れ様です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する