未完の魂、死の予定表5

 あー、終わった……。ちゃんと終われた……。
 今週はずっと胃をキリキリさせながら書いていましたが、無事書ききることが出来てホッと一安心です。やっぱ最後でドチャーって種明かし持ってくると、唐突過ぎないかとか、疑問には全部答えきれているかとか、色んな不安が襲いかかってきますね(汗)。
 終わってみると『ミステリー』というより『なんちゃってミステリー』だったような気も……。ギーナに関してはもっとミスリーディングさせるつもりだったんだけどなぁ、うーむ……。

 さてさて。これから読んで下さる方が殆どだと思うのですが、本作はいかがでしたでしょうか。暗いお話でしたが最後まで楽しんでいただけましたでしょうか。登場人物には共感できましたでしょうか。
 途中からずっと『ああ! 戦闘シーン書きてぇ!』とか叫びながら書いていましたが(笑)、話の流れ的に不自然な部分は御座いませんでしたでしょうか。
 モザイクノベルという少し特殊な形態をとったために、読者様を選ぶことになるとは思いますが、もし最後まで読みきることが出来ましたなら「読んだでー」ボタンをポチッと押していただけると大変励みになります。

 それにしても……。なんかどんどん枚数が多くなるなぁー。

 今回483枚ですってよ、奥さん。
 あらー、どうしましょー。やーねー。

 ……なんかテンションおかしいですね。
 いつもなら、長編を書き上げた直後は達成感で一杯になるのですが、何故か今回は吐き気が……うぷ。気持ち悪くて、夕食もろくに食べられていません(汗)。
 今までとは違ったジャンルに手を出したことの反動が大きいのでしょうか。
 頭も気も大分使ったからなぁ……。書き上げて緊張がとけた拍子に、今までの疲労が一気に来たのかも……。書いてる時ってテンション上がってるから、少々の無理も出来ちゃうんですよねー、ハハハ(ぉぃ)。

 ま、とりあえず休憩ですかね。
 あと、チョコチョコと改稿してラ研にも投稿しようかと思っています。マイナスが入りませんよーにと今からお祈り……。

 あと、これまでの予定表を纏めたヤツを添付しておきますので、興味がある方は見てみて下さい(まぁ、私の頭の整理のために作ったような物なのですが(汗))。同じ色の予定が全て合わさることで、一つの死が出来るようになっています。

sino-yotei.jpg



 えー、今のところ頭の中真っ白なのですが、次回作は『貴方に捧げる死神の謳声 第零部』です。現代から千年さかのぼった時代のことを書こうかと思っています。
 まだ魔人や陰陽師が沢山いた時のお話ですね。未琴や龍閃の妻がまだ生きていた頃です。時代考証とかもしなくちゃなぁ……。一部と二部に矛盾しないよう気を付けなければ。

 まぁそんなわけでまだまだ頑張っていきたいと思いますので、読者の皆様、コレからもヨロシクお願いします。ではではー……うぷ。


ホームサイトへの案内状 

----------------------------------------
『未完の魂、死の予定表』チャプター4を昨日の朝五時くらいに読んで下さった方! どうも有り難うございました! 睡眠時間は大丈夫でしたか?
『三度目の正直』を途中まで読んで下さっている方! どうも有り難うございます! もし時間がおありでしたら最後まで読んでいただけると嬉しいです!

コメント


おぅ! 来ましたな!(身構え)
今から読まれるのであれば、上の予定表は見ちゃでめですよ?(もぅ見ちゃった?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する