ショートカットの代償

 最近、仕事が忙しいです。連日当たり前のように残業が……。

 そうなってくると思ったように執筆できない! なんとか時間を作らねば!

 ってなわけで、自炊する回数が減りました(笑)。
 やっぱ出来合いのお弁当食べるだけだとアッという間ですよ。片付けなくて良いしね。
 でも休日はちゃんと自炊しています。

 で、先週の日曜日。
 鮭の切り身が三つ入って三百円ちょっとという特売品を購入いたしました。けど料理するのは二切れもあれば十分です。お腹一杯になりますから。そして月曜から水曜まではお弁当。
 鮭の切り身を一つだけ残したまま、今日この日を迎えました。
 買ってから四日もたつと、気になってくるのが『消費期限』。
 すでに一日オーバーしています。さすがに今日は食べないとヤバいです。けど、すでにお弁当は購入ずみ。鮭をたった一枚焼くためだけにグリルもフライパンも使いたくない。
 冷凍という手も考えたのですが、せっかく生なのに何となくもったいない……。









 そこで心強い味方!











 ザ・電子レンジ!










 これまで、魚を電子レンジで調理するというのはやったことがないのですが、普通に考えれば可能なはず。ここはレッツトライです。
 てなわけで、パックに入った鮭をレンジに入れ、三分間の温め開始。
 時間を有効に使うため、その間に洗濯物を取り込んでいました。
 レンジの方からはパンパンと、何やら派手な音が聞こえますが、同時に鮭が焼けるいい匂いも。どうやら上手くいっていそうです。
 洗濯物をたたみ終えた時には、レンジはお仕事終了。
 お弁当の他に一品増えたおかずを取り出してみると、
















070412IMG_0323_s.jpg
サナギ?
















 お皿に移すくらいしろよって?
 だって洗うのメンドいじゃん……。orz
 まぁ、味の方はイケてましたけどね。


ホームサイトへの案内状

----------------------------------------
『ナイン・ゴッズ』を読んで下さってる方! どうも有り難うございます!
『ちょっとだけ成仏、してくれますか?』を最後まで読んで下さった方! 有り難うございました!

>幻想魔術師さん
 『貴方に捧げる死神の謳声』第零部と第二部を読んで下さっているようで、どうも有り難うございます! 楽しんでいただいているようで何よりです。
 玖音と美柚梨のエピソードは、ひょっとしたら第三部でまた出てくるかも知れないです(未定ですが)。もし20000Hitを踏まれたときにリクエストしていただければ確実に書かせていただきますが(けど一線は、どうだろう……(汗))。

 『誰が為に冥霊は吼える』のバトルはいかがでしたでしょうか。嘉木堂と藍原さんみたいな年上女房的なコンビも、個人的には非常に好きなんですけどね(笑)。ではでは。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する