貴方に捧げる死神の謳声 第零部6

 書き上がりました。六話。真ん中の魎視点以外は、相変わらず全部アドリブです(笑)。
 ここはまぁ第二の山場というか、ラストに向けての小盛り上がりといった位置付けですね。魎がかなり怪しくなってきました。でもこういうキャラが書いてて一番楽しいですね。策士というのはなかなかに頭を使うもので、創り上げるのに多大なエネルギーを使いますが、完成してくると喜びは一塩です。

 このお話では『死神』の秘話が明かとなります。そして龍閃が最初からどれだけヤバかったかということも……。このあたりの辻褄合わせが一番苦労しました。第一部で「『死神』の保持者は全員未琴と似ている」と書いて、ソレが冬摩の精神をグラつかせた理由なのですが、「じゃあ何でだよ」と言われたときに「さぁ?」としか答えられない始末……。






 うん。







 ぶっちゃけご都合主義でした。










 なので今回はその理由を色々頭ひねって考えてみました。

 さてさて、この六話で伏線やら何やらは全て終了です。冬摩の葛藤もほぼ終了です。
 後は龍閃との最終決戦のみ! 今まで紹介してきた能力やら戦術やらを駆使して濃いバトルを書き上げたいと思います!
 残す七話で前哨戦、そして八話で決戦という感じです。心理描写も沢山交えながら、盛り上がるバトルにしたいと思います。
 舞台はさらに時代が進んで江戸時代。(嗚呼、サヨナラ儀紅……)
 とはいっても殆どがバトルシーンなのであまり時代の風景は描けませんが……。

 そんなわけで次の七話でお会いしましょー。ではではー。

ホームサイトへの案内状


---------------------------------------->アキトさん
 『貴方に捧げる死神の謳声 第零部』六話を早速読んで下さってどうも有り難うございました! 魎を気に入っていただけたようでなにより。もう殆ど準主役のようなものですからね。そして儀紅も(笑)。ただ残念ながら儀紅の登場はこのお話で終了です(涙)。次はまたタイムスリップしてしまうので。
 モチベーションはなんとか頑張って維持しています! やっぱお話が長くなってくると、だんだん下がってくるのは確かなんですよね(汗)。まぁ後は大好きな戦闘シーンが主体なので自然とテンションは上がると思いますが(笑)。
 それでは、次の七話で。ではでは。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する