貴方に捧げる死神の謳声 第零部7

 ぃよっし! 七話完成ぃ! 残るは最終話! てなわけで飛乃剣弥です。
 このお話は龍閃とのバトルがメインになるなーと思いながら書いていたのですが、結構心理描写主体になってしまいました(汗)。まー、牙燕も紫蓬もコレが最後の見せ場。力一杯掘り下げさせて貰いましたよ。特に紫蓬の方は予想以上のツンデレっぷり(笑)。
 最初で最後の牙燕、紫蓬視点のお話でしたがいかがでしたでしょうか。

 そして龍閃。うーん、やっぱ強いなあ。第一部では結構アッサリやられちゃいましたからね(笑)。ここで貫禄見せとかんとと思って、お得意の言葉嬲りが大炸裂! 書きながら「サイテーだコイツ!」とか思いつつも何か楽しい私って鬼畜? まぁ次で冬摩にヤラれちゃうことは分かっているのですが、色々とこねくり回したいと思います。

 そして魎! 次の最終話でようやく彼の本音が分かります。あー、長かった。プロット時から予定してたのが半分、アドリブ半分って感じでかなり謎めいたキャラになってしまいました。最終話では初っぱなから魎の本性丸出しで行くことになると思います。いやー、ずっと書きたかったんだ、このシーン。あと『業滅結界』の描写とかさ。
 うし、七話で少し落ちたモチベーションが最後の最後で盛り上がって参りました。

 それでは、次の最終話「八『そりゃヤバいよ魎さん……!』」でお会いしましょー(や、こんな章タイトルじゃないよ?)。ではではー。


ホームサイトへの案内状


----------------------------------------
>アキトさん
 『貴方に捧げる死神の謳声 第零部』七話へのご感想どうも有り難うございました! 魎きました。来ましたよ!(何) 『業滅結界』は最終話で登場します。コレまでの二つとは威力も見た目も比べ物にならないんで、楽しみにしててくださいw。
 もうすぐ短編祭りですね。個人的にはキャラが立ってさえすれば、自然と『名脇役』になると思うので、あまりその辺は意識しなくてもいいかと……。主人公を立てるために尽くすとか、一歩下がって踏み台になるとか考えなくても、個性的で奇抜な趣味やクセや嗜好を持たせると、勝手に『名脇役』になってくれるんじゃないかなー、と思う私は甘いのでしょうか……?(汗)

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する