不幸の連鎖

 イヤなことは続く、とはよく言った物で……。
 昨日の私がまさにそんな感じでした。

 まず寝起きに襲いかかる酷い二日酔い……。
 普段は一晩グッスリ眠れば次の日にはケロッとしているのですが、前日のお酒があまり美味しくなかったということもあり、悪酔いしてしまったようです。

 で、昼すぎまで吐き気と戦いながら、ポチポチとネットサーフィンをしていると、えんための一次選考結果が発表されておりました。ここには『未完の魂、死の予定表』を送ってみたのですが、残念ながらの一次落ち……。orz
 うーむ、一次くらいは通って欲しかった。何が足りなかったのかしらん。
 そんなわけでちょっとヘコみつつも、二、三時間またぼーっとネットサーフィンしている間に復活。
 やっぱり私は物語を書くのが好きなんだなぁと思いました。

 で、気分転換にと、ネットで見つけたフリーゲームをプレイ。
 タイトルは『コープスパーティ zero』。以前、RPGツクールDante98というRPGメイキングソフトで作られた『コープスパーティ』という超名作があったのですが、どうやらその二次創作で、本編より前の物語を描いたRPGのようです。
 内容を簡単に説明すると、

 学校に住まう悪霊により異次元の廃校に飛ばされてしまった姉妹が、元の世界に戻るため廃校に隠された謎を解き明かすというホラーテイストのゲームです。

 本編の『コープスパーティ』にハマった経験のある私は、このゲームにもおおいに没頭。本編以上に良くできたシナリオとゲーム性でした。

 が、このゲーム。一つ致命的な欠陥が。










 それはどうやってもバッドエンドにしかたどり着けないということ。
 途中にとる行動により、エンディングが変わるように設計されているのですが、最高クラスのAエンドでも、妹は死んで異次元の廃校に取り残され、姉だけが生還できるというシナリオになっています。
 そうしないと本編との矛盾が出てしまうため仕方ないのは分かるのですが、ちょっとは救いがあっても……。

 まぁ一応9種類ある全てのバッドエンドを見た人には10番目のストーリーとして、姉妹ともに生還できる、というシナリオが用意されているのですが、実は死にかけた妹の見た夢でしたというオチ……。







 ぶっちゃけ、えんため一次落ちなんかよりよっぽどヘコみました。





 昔の私ならそうでもなかったのでしょうが、最近の私はハッピーエンド症候群。
 なーんでココで殺すかなぁ……と、作者に不満タラタラ。

 まぁ逆に「俺の書く物語はバカバカしいくらいにハッピーエンドにしてやるぜ!」と、創作意欲に熱が入ったのですが。

 で、そんな感じで『ひらきなおりのド天然、してくれますか?』を書き始めた矢先、携帯が着信をつげました。ディスプレイに表示されたのは叔父の名前。
 はっきり言って私に電話してくることなどまずありえない存在です。
 そんな叔父が電話してきたということは、もうアレしかありません。


 弟の結婚問題。


 出てみると見事に予想的中。
 もー、今はこじれてこじれて、母親は完全に見放し状態。弟は好き勝手やらせて貰うわ体勢。これはもう十年単位で放置しておくしかないのですが、そんな中、叔父が私に求めてきたことは、



 中立としての立場


 早い話が二人の関係をうまく取り持ってくれ、と言うことです。
 しかし叔父は母親派。
 私と喋っている時は自分も中立だとは言っていましたが、言葉の端々に弟が悪く母親が正しいという意思が読みとれました。

 曰く、「弟は非常識」「お前らはまだ子供」「もっと周りの意見を良く聞いて判断せよ」

 だそうです。
 常識ってなんですか? 大人と子供の境ってなんですか? どこまで譲歩すれば『周りの意見を聞いた』ことになるんですか?

 まぁようするに弟の味方である私に寝返れ、と。そして弟を説得してくれ、と。
 勿論明言はしませんでしたが、言葉の裏をとればそういうことが言いたかったのでしょう。






 ……うん。






 分かるよ。








 分かりますよ。








 あなた達の気持ちもね。







 でもやっぱり、












 ウゼェ




 なんてことを言うとまた『子供』だなんて言うのは目に見えていますが。
 私に言わせれば話し合いらしい話し合いもせず、一方的に弟が悪いと決めつけ、感情的に同じ言葉ばかり繰り返している母親の方がよっぽど子供だと思うのですが。
 多分、人は自分の意見と相反する者を『子供』と称して見下し、自己満足するんでしょうねぇ。
とかなんとか考えてたりみたりなんかして。

 そんな調子で一時間近く電話で会話し、切った後に残った物は壮絶なる脱力感
 くそぅ、貴重なる休日のひとときをこんなダークな気分で終わらせてたまるか。

 が、ちょっと執筆をする気分ではなかったので、熱帯魚の水槽のレイアウトなどを変えてみました。



070624sakana1.jpg



070624sakana2.jpg



070624sakana3.jpg



070624sakana4.jpg



 映っているのはプラティ君。最初は四匹だったのですが、繁殖しまくって今の大所帯に。

 最後の写真の隅のほうにちょこんと写っているのはコリドラスちゃん。
 ノホホンとした振る舞いには、かなり癒されます。

 お魚さん達、どうか私を癒して……。
 でもコイツらにもきっと上下関係とかあるんだろうなぁ、なんて思ってみたり……(笑)。
 




 (゚Д゚ )ガンガレ俺! 



 ( ゚Д゚)うん! ガンガルよ!





 てなわけでガンガリます(笑)。


ホームサイトへの案内状

コメント


すまぬ……。

コープスやってる途中にネタバレ見ちまって萎えたorz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する