『月詠』の言の葉、儀紅の片想い【下の巻】

 はい、どーも。完結です。
 中の巻はありませんでした! アキトさん残念!(笑)

 本編では「スッゲー」だけが口癖だったのに、今回はまぁホント色々と出てきましたね(笑)。プロット時では「よし! 『ヤッベー』をプラスしよう!」とだけ考えていたのに、実際に書き始めると、「超ウケる」とか「イタい」とか「エコ」とか(おぃ)。
 まぁ何はともあれ、儀紅という人物が他の誰にも取って代わることの出来ない唯一無二の存在として私の中に焼き付けられた作品でした……w。
 
 さて、【下の巻】では結構頭使った内容になっていましたが、読者様に一つお聞きしたいことがあります。









 納得できましたか?








 や、自分では「こんなモンだろ」と思ってガリガリ書いていくのですが、気付いていないところでアラが出ている可能性も大いにあるわけで。こういう頭脳戦っぽいシーンを書いている時には常に付きまとう不安ではあるのですが……。

 ま、それ以外の部分は大体いつも通りという感じで(笑)。儀紅、『月詠』、次の試練が降りかかるまでお幸せにー(本編ではこの後が悲惨なんだよなー)。あと、ラストで冬摩の真っ直ぐ度合いに磨きが掛かってしまった気もしますが……スルーしましょうw。

 さてさて、次回作のお知らせですが、「してくれますか?」のセカンド・ジェネレーション始動! 













 ……と、行きたいところでしたが、その前に新作を書こうと思います。
 「してくれますか?」だと、やっぱ主要登場キャラはみんな良い子で真っ直ぐで純粋で思いやりがあってと、間違いなくハートフル・ラブコメディ路線になります(まぁ、ソレが「してくれますか?」のカラーなんですが)。
 「ド天然」、「ファントム・クライム」、本作と書いてきてなんかソレ系はちょっと食傷気味というか……。
 なのでちょっと変化球を投げてみたくなりまして。ま、どこまで変化させられるかは分からないんですが。ひょっとすると書き上げた後で「一緒じゃん!」てなことになってるかもしれません。
 が、路線の違った作品になる可能性があるだけでも、モチベーションは上がります。やっぱ同じのばっかだと飽きるんですよねー。
 ってなわけで新作『人形は啼く、主のそばでいつまでも』(仮タイトル)のあとに「してくれますか?」を手掛けようかと思っております。その間にキリリクが入るかも知れませんが。
 今、そんな状況ー。ではではー。


ホームサイトへの案内状

----------------------------------------
「『月詠』の言の葉、儀紅の片想い【下の巻】」を早速読んで下さった5人の方! どうも有り難うございました! 中でも「とても面白かった」と一言感想を下さった方! 嬉しい限りです!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する