冬摩と芝居とマッドサイエンティスト

 「貴方に捧げる死神の謳声」サブストーリー「冬摩と芝居とマッドサイエンティスト」書き上がりますた。
 コメディーとまでは行かなくても、全体的に軽い雰囲気。本編がシリアス路線なんで、こういうのも書いてみたくなって……。永原冥琉は今後もトタバタ担当で、使うかも知れませぬ。

 第二部のプロット完成率は90%。OMCのお仕事と平行しても執筆できそうなヨカム。まぁ金曜日に現実世界の会社の方で、異動した人の仕事押しつけられたんで、忙しくなりそうな気はヒますが……。

 これからお酒のおツマミ作るんで、食材買って参りマスデス。ではでは。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/39-77bdab30