人形は啼く、主のそばでいつまでも12

 いやー、台風ですね。外、大雨ですね。暴風ですね。横殴りですね。


 楽しいですね。



 そんなわけで飛乃剣弥です(笑)。

 さって、前回の予告通りココでかなりの伏線回収をいたしました。個人的には結構盛りだくさんな内容でお届けできたのではないかと思っておりますが、いかがでしたでしょうか。一応、なにげにタイトルの意味も二つほど仄めかしてみましたが気付きましたか?(汗)

 特にジェグの見せ場は少々演出に凝ってみました。
 なんつーか、最初は登場させようかさせまいかという所から悩んでいたキャラではあったのですが、途中から大化けし始め、私の手を離れて不可解な行動をとり続け、そしてなんと哀れな……。
 主要キャラ九人の中で、ひょっとすると最も思い入れの深いキャラになったかもしれません。ワーストはダントツでリヒエルですが(笑)。

 あと不可解と言えばやっぱルッシェですな(笑)。
 あーもー好きにしろよ! って感じで、当初の予定ではレヴァーナの役回りをキッチリさらっていってくれましたよ。こっちも最初は名前すらなかった一発キャラだったのになぁ……。
 なんか私の場合、テキトーに考えた奴ほど後で伸びてくるという傾向があるようです。まぁ初期設定が甘い分、途中で付け足し付け足ししてるウチに愛着が湧いてくるんだとは思いますが。
 
 そしてついに終わりが見えました!
 残すところはリヒエル戦! ラスボス戦のみ!(実はリヒエルはラスボスではない)






 宣言します!












 あと2話です!

















 ……多分、そうなる予定です。







 そんなわけで次回予告ぅ!
 ついに肉弾戦に出たリヒエル! 文字通り肉感たっぷりの戦いなのか!?(笑)
 ヴァイグルと全く同じ力を秘めたその実力とは!?
 おかしくなってしまったハウェッツはどうなる! 黒ルッシェは!?w
 そして暗い世界の中でメルムが見た物は……。

 ではそんな感じで。またLevel.13でお会いしましょー。ではではー。

ホームサイトへの案内状

----------------------------------------
Level.12を読んで下さった二人の方々! どうもありがとう御座いました!

>アキトさん
 読んで下さってありがとうございます!
 波動砲型ドールは一番最初から考えていたとっておきのドールでした。なのでかなり細かく伏線は散りばめてみましたが、細かすぎてツッコミの道具の域を出なかったようですね(笑)。
 黒ルッシェほんとに予定外で……。なんつーかキャラの主張って恐いなって、今作ではヒシヒシと感じさせられます。
 いやー、ジェグ食われちゃってましたかー。んー、残念。このお話では一番目立たせてみたつもりですが、他の色んな正体とかが立っちゃいましたかね(汗)。
 デブサンタのバトルは色々とまた見物ですよー。何つっても『変ッ身!』って腰に手を当てて叫びますから(ぇ)。
 そんなわけでまた次回。ではではー。

コメント


終わりが見えました

 そろそろフィナーレが近付いて参りました。あぁ、  長かった。ココまでお付き合いいただいて嬉しい限りです。
 そしてジェグを気に入って頂けて何よりです。何か色々と二転三転したキャラでしたからね、ホント……。最初は爬虫類のような気持ちの悪いキャラを書きたいだけだったのに、ココまで成長してくれるとは。
 ラストまで後もう少し。頑張って何とかこのままのペースで書き上げたいと思います。

とうとう

ついに終わりが見えましたか……複雑な気分ですね。
主要キャラ中ジェグが一番好きだった気がします。最初は不可解キャラ程度の認識しかなかったのに、前回、今回と読んで、かなり思い入れのあるキャラへと変化しました。僕的にはジェグが今回の話で一番目立っていました。あの新事実も、驚きましたが。
きっと飛乃さんなら素晴らしい形で締めてくれるでしょう。楽しみにまたせていただきます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する