頭の中で想像してみてください

 えー、先週の雑記でお話しいたしました通り、週末に電気点検が入りました。冷凍庫の中とかには一応ドライアイスなんぞをいれて対応しているのですが、やはりパワーが圧倒的に不足しています。なので霜が酷かった場合、とんでもないことになっています。

 で、今日。いわゆるのソレの『後始末』の応援を頼まれまして。
 お願いしてきたのは、同じ部署にいるもの凄く背の低く女性。多分、身長150に届いていないと思います。
 なんとかしたいのはマイナス80℃のディープフリーザー。



 馬鹿デカイです。



 ソレが置いてある部屋自体にあまり行かず、今日ようやく気付いたみたいなのですが、床がエライいことになってました。
 何で俺がこんなことを……と思いつつもまぁ、困ったときはお互い様。モップやら、雑巾やらで地道な作業を続けること約一時間。やっと普通に歩けるくらいにはなりました。
 そして最後に、そのちっさい女性がディープフリーザーの中を開け、異常がないことを確認して――







 事件発生。








 っえー、もう一度言いますがディープフリーザーは馬鹿デカイです。そして開けた女性は異様にチビっこいです。


ディープフリーザーの形状は、言ってみれば家庭用冷蔵庫を寝かしたような感じでして。箱の上面がフタになっていて、ソレをパカッと押し上げて開きます。






 
 実はココにワナが。







 開けるときはいいんです。
 取っ手をもってちょっと上に力を掛ければ、あとは自然に持ち上がってくれます。

 が、閉める時。
 身長170ある私なら普通に取っ手に届くのですが、このちっさい女性は背伸びして手を伸ばしても届きません。
 この状況下で彼女がどうしたかというと、












 大きくジャンプ!







 取っ手をキャッチ!








 フタばふんっ!







 しかし固くて閉まりきらない!








 またジャンプ!







 全体重でばっふんっ!








 無事終了。









 激萌えした。







 体が小さいとそれだけで兵器になります。
 お気をつけ下さい。 

ホームサイトへの案内状

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する