ワイルドアームズ アルターコードF その2

 先々週あたりから始めた、このゲーム。
 最初は「ヌルいなー」とか、「シナリオ古いなー」とか、色々と不満たらたら言いながらやっていて、せめてもの救いはキャラの変な名前のおかげで会話がバカな方向にズレてくれることくらいだったのですが、進めていくうちに非常に面白いということに気付きまして。




 まず音楽!




 ワイルドアームズ・シリーズはどれも名曲揃いなのですが、今回のは特に良かったです。耳に残るモノばかりで、なによりボス一人一人に専用の曲が用意されているのが素晴らしいですね。




 次に個性的な敵キャラクター!




 反吐が出そうなくらい嫌悪感を抱くヤツから(アルハザード)、絶対に憎めない、つーかお前大好き!(ゼット)みたいなヤツまで本当に様々。攻略の仕方にも色々頭を使う部分があって、ボス戦は非常に楽しいです。




 そして絶妙の戦闘バランス!
 



 まぁエンカウント率は高くてイライラすることはありましたが、全ての敵に弱点が用意されていてソレをつきながら倒していくのは爽快です。最初のウチはクレストグラフという、いわゆる魔法の元の数が少なくて、二つか三つくらいの属性魔法しか持てないのですが、これから攻略するダンジョンの敵の弱点に合わせて持ち変えたりしていると、何だか「おお! 俺ゲームやってる!」と実感でてきて非常に快感でした。




 さらに各ダンジョンに用意された謎解き!




 最初の頃は「幼稚園児でも分かるぞ」的なものしかないのですが、進めていくとかなり頭を使って考えないと攻略できなくなってきます。各キャラクターが持つ『グッズ』というフィールドアイテムを巧みに組み合わせて進めていく仕様は快感そのもの。
 ……まぁ、「ンなモン分かるか!」とコントローラーを投げ出したくなるような理不尽なモノもありましたが。

 その他、やりこみ要素も満載で、隠しボスも盛りだくさん!


 が、ソレら全てをさしおいて、私をこのゲームにのめり込ませた理由は別にあります!


 その理由とはセシリアという女性キャラクターの声!











 エロい。









 ハンパなくエロいです。








 なんといいますか……真ん中に筋が一本通った清純な声の周りを、ピンクのモヤが取り囲んでいる、みたいな。

 例えシリアスなダンジョンであっても彼女を先頭にして壁にぶつかると、




きゃっ♥
(脳内変換)





 穴に落ちると、






あーーーーーーーーーーっ♥
(脳内変換)







 ハシゴを上ろうものなら、






ん……っ♥ しょっ……♥ んっ……♥ ン……っ♥
(超脳内変換)










 とにかくスゴです。







 思わず「声優のフィールド変えました?」と問いたくなるくらいに。






 これだけの素晴らしい要素が揃っていて、今なら何と野口さん一人で買えてしまうという安さ! 興味を持たれた方は是非一度やってみることをオススメします!

 ……ま、最後は暴走(妄想)気味でしたが、ゲーム性だけとっても秀逸です。そこにあの音楽と、やりこみ要素と、セシリアのエ(ry

ホームサイトへの案内状

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する