きっとクリスマスが近いからさっ

 朝、起きると愛用のタオルが無くなっていました。
 実はこのタオル、私が大学一年生の時からずーっと使い続けている物で、思い入れは半端ないです。かなり厚手の物なので汗をよく吸ってくれ、奇抜な色合いが私の好みでした。



 ソレがないんです。




 一大事です。









 でも理由は分かってるんです。













 酔っ払ってたから。











 ま、当然記憶は消し飛ぶわけでして、どこで何をやっていたのかなんて途中から全く覚えていません。
 仕方なく部屋の中を片っ端から探したのですが、一時間近く続けても見つかりません。
 変なところに隠したのかと、普段開けない棚も全部見てみましたがありません。
 ついにお別れか……という思いと、まぁそのウチ出てくるさという思いか交錯するなか、お腹も減ってきたので昼食にチャーハンを作ろうと、冷凍のご飯を取り出して、












071223taoru.jpg













その発想はなかったわ。










 ま、昨日の私が何をやりたかったのかは全く分かりませんが、とにかく再会できて良かったです。











 パキパキでしたが。












 ご丁寧に濡らしやがってあのヤロウ……(お前だよ)。
 
ホームサイトへの案内状

----------------------------------------
『鬼ごっこ』【転】を読んで下さった五名の方々! どうも有り難う御座いました!

>続きが気になります。相変わらずの読み応え、素晴らしいです。

 どうもありがとうございます! 大変な励みになります! 次で『鬼ごっこ編』も終了。頑張りたいと思います。

>なんだかほかの人は犯人を絞り込むことができている様子。それでは、飛乃様も悔しいでしょう。だからあえて私は言います。 全然犯人がつかめないと!  というわけで、解決編待ってます。

 報われた! 努力が報われた!(違) 解決編に当たる『傷癒し編』の公開は通常より一週間ほど遅らせる予定ですので、もーちょっとだけお待ち下さい。その間にヒントとか出していきますので、ソレを頼りにまた考えていただけると嬉しいです。ではではー。

>泉さん
 さすがにメイン三人の誰かが犯人、というオチではありませんでしたね(汗)。じっくり考えれば答えにたどり着くようには書いていますので(書いてるつもりですので)、鋭い直感を武器にもうひと頑張り!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する