平和な朝の出来事

 今朝、通勤電車で久しぶりに座れました。
 満員電車の中での優雅なひととき。
 が、電車が走り出した途端トラブル発生。

 ま、まぶしい……。

 朝日が私の眼球に突き刺さります。
 私が座った座席はクロスシートの通側。つまり、遮光カーテンを下ろすにはちと手が届かない。ちらり、と隣の人を見ると幸い寝ておりませんでした。さんさんとキツイ陽光を浴びながら一心不乱に携帯電話と格闘しております。
 私としてはとっとと遮光カーテンを下ろして貰い、車内での時間を睡眠に当てたい。なもんで、出来るだけ早く私の視線での訴えかけに気付いて欲しいわけです。
 気分的にはこれくらいの勢い。

miro.jpg


 その祈りが通じたのか、隣の人は少々嫌そうな顔をしながらもカーテンを下ろしてくれました。
 
 別の窓の。

dododo.jpg

 ヤ、ヤロウ……。

 しかし私は大人です。こんな下らないことでは怒りません。きっと、隣の人からすれば別の窓のカーテンを下ろした方が日が当たりにくくなるのでしょう。
 仕方なく、私は「ちょっとスイマセン……」と言いながら、自分でカーテンを下ろすことにしました(最初からそうしろよ)。
 が、何と言うことでしょう。
 私が乗っている電車はカーテンを上から引っ張ってきて、下の留め具に引っかけるタイプなのですが、留め具の部分が片方潰れている……。
 これではカーテンをおろせるわけありません。
 渋々、太陽からの洗礼に耐えることにした私。目を瞑ろうとした直前、隣の客の顔が目に入りました。

fun.jpg


 こ、コイツ……。

 いや、ホントにそんな顔をしていたのかは今となっては定かではありません。ただ、あの時の私には、ハッキリそうみえました。
 私は目を閉じ、怒りと戦いながら暗い世界で何度も、

oraora.jpg


 ヤツを血祭りに上げていました。
 うーん、妄想って素晴らしい。
 そんな平和ですがすがしい朝の出来事でした。

コメント


 こんにちは、あやさん。初めまして。
 ご来訪どうもありがとうございます。HPの方で自作のライトノベルを公開していますので、よろしければ読んでみてください。
 これからもよろしくお願いします。ではでは。

突然お邪魔します。
今回はじめて拝見させていただきました。
これからもちょくちょくお邪魔します。
それでは。応援ポチ^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/57-eaf40507