貴方に捧げる死神の謳声 第三部16

 はいっ! バトルしゅーりょー!
 お疲れさーん。

 まーなんつか、良く言えばジャンプ的展開?
 悪く言えば厨二病?

 うーむ、どうしてこんな流になってしまったのか……。
 昔は大好きだったんだけどねー。この、瀕死⇒復活⇒パワーアップサイヤ人ルート。
 今はもー食傷気味で、安直には使うまいと心に決めておりますが。

 なんで今回のコレは流れを練りに練り抜いた結果です!
 と、猫背になって言い張る!

 うん。強いね龍閃。ホント強いよ。
 あまりに圧倒的すぎて、収集付かなくなるかと思いました。
 え? ちゃんと考えてなかったのかって?

















当たり前じゃないですか。


















 や、彼が出てくるところまでは考えてましたよ?
 でもその後やっぱりお得意のア・ド・リ・ブ。
 ただ朋華の呼び声に応えてー、的な展開は絶対に避けようと思っていました。いくらなんでもソコまで厨二だとねぇ……。というわけでまだまだ『不完全状態』です、ということでまとめてみました。そのせいか妙に投げやりな終わり方……。孵化に関しては色々と謎を残したまま終わりそうです。




 そして!





 この投げやりな幕引きのせいで、事後説明は全てエピローグに持ち越し!












 どうやら次では終わらないようです(ぇ)。













 次の次で終わりです。(今度こそホント)












 あともーちょっとだけ続くんじゃ、とかどっかのじっちゃんみたいなこと言ってみるテスト。



 にしても……もうとっくに千枚なんか越えているわけですが……もう丸々四ヶ月も書き続けているわけですが……作品の中での時間はまだ二週間くらいしか経っていないという事実。

 やー、一日が濃いねぇーキミ達(笑)。
 でも次で一気に薄くなるよー。



 そんなワケでは次回のエピローグは一ヶ月後の世界!
 玖音と美柚梨、御代と陣迂、久里子と玲寺の後日談!
 今回の戦いの後いったいどうなったのか。魎は? 龍閃は? 冬摩は?
 そんな感じでまったりとお届けしたいと思いますー。ではではー。



















 (ω)色々なげぇよ。

 ……ま、まぁいいじゃん。




ホームサイトへの案内状