メッキの剥げる瞬間

 今日、本社に電話した時のこと。



『はい、事業部でっす♥』



 スッゲー猫なで声の女性が出まして。
 ちょっと引きながらも、そちらのリーダーと話がしたいと伝えると、





『あ~、すいません~~。今ちょっと席はずしてますぅ~~~』













 だっる~……。












 あなた今、軽く握り込んだ手を口に当てて喋ってますよね? と、小一時間ほど問い詰めたくなるような反応。
 が、この時。私の中である種の閃きが。
















 この声、どこかで聞いたことがある。
















 なので尋ねてみました。












 勇気をふり絞って。















「あのー、Sさん(『ミス・ミスター』のこと)ですか?」












 すると、













「あ゛? なーんだ飛乃くんー?」(´д`メ)y-~~~















 だぁっるー……。














 もーもっていかれるかと思いましたよ。
 身内によそ行きの声を使う必要はない。
 そういうことですか。
 女性の表裏は怖い……。
















 (ω)こんなのカワイイもんじゃない。

 ……ちなみにアナタは今どっち?

 (ω)とーぜん表。

 ……そスか。



ホームサイトへの案内状