百見は一聞にしかず

 帰りにスーパーに寄った時のこと。
 牛乳一本と豚肉を500gをカゴに入れてレジに行くと先客がいまして。見るからに色素の足りてなさそうな色白のヒョロいオバサンだったんですが、そのカゴの中には山盛りの商品が。


 それはもう、お前一ヶ月引きこもる気かよとツッコみたくなるような量でした。


 こりゃ相当時間かかるなー、と他のレジを見回してみましたが、どこも似たような状態。やはり買い占め客がいたり、一人当たりの商品数は少なくても沢山並んでたり……。

 まぁしょうがないなと納得しながらも、やっぱり納得いかない。

 くっそー、この幽霊ババア。ちったぁ自重しろよなぁとか思っていると、
















「あの……私沢山あるんでお先にどうぞ……」

















 おおっ麗しのホワイトレディ。


















 一瞬にして見方が百八十度変わりました。
 やー、世の中いい人がいるもんですねー。やっぱり外見だけで判断してはいけません。彼女はきっと由緒正しき生まれの方なんでしょう。
 とか上機嫌でレジ袋に牛乳と豚肉を入れていると、


















「あ、テメーふざんけんなよ。お菓子買わねーつってんだろー」

















 何やら後ろからガラの悪い声が。
















 そちらを見てみると、


















「だからもう入んねーんだよ。コレ見りゃわかんだろー?」



















 …………。

















 ……人間、外見では判断できないですね。

















 (ω)アンタが導火線に火ぃつけたんじゃないの?

 ……むしろそうであって欲しい。



ホームサイトへの案内状