人のフリみて……

 今日、朝の電車に大量の小学生が出没しました。どうやら遠足のようです。
 良いですね、子供って。若さにはそれだけで価値があります。
 もーとにかくテンション高い。 
 すし詰め状態をキャーキャー言いながら楽しんでるところなんて最高ですね。

「見て見て! 俺浮いてる! 足、床についてない!」

 なんて声聞くと、そのままあの世に送って二度と地面踏めないようにしてやろうかとか本気で思ってしまいます。

 ところが、私のすぐ近くに非常にテンションの低い子供がおりまして。もぅずーっと、

「座れる席ないかなー、座れる席ないかなー」

 と繰り返しておりました。
 いかがですか皆さん。
 こんなに若いうちから老人のような言葉。嗚呼、なげかわしや。
 彼も日本の将来担っていく一人かと思うと少し寂しいものがあります。
 そんなことを思いながら、優先座席でぬくぬくとまどろんでいた朝の電車でした。

 -------------------------------------

 あおいさん、「貴方に捧げる死神の謳声 第二部」へのご感想どうも有り難うございます。大変な励みになりっております。
 出来れば今日レスしたいのですが、本日も残業でして……(汗)。ちと眠いので明日じっくりレスさせていただこうかと思います。(「絶対定時帰り宣言」をしてから一度も定時に帰れないのは何故?)

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://hinokenya.blog74.fc2.com/tb.php/65-657b9cd7