これぞ漢

 えー、昨日。結局会社行ってました……。英語でのプレゼンが思ったより大きな負担に……。なので9/30が終わるまで更新速度がちょっと落ちるかもしれません。やっぱリアルの方を優先させないとね。つか一週間後じゃねぇか(大滝汗)。



 ま、それはともかく。
 今日は朝から実にいいお天気でした。なので久しぶりに布団干し。やー、ベランダが使えるって良いなぁ。ようやくいなくなってくれたよ。

 ……えー、ワタクシ、ベランダで家庭菜園をやっていた時期がありまして。
 まぁ仕事で大豆なんかを扱っているものですから、枝豆でも作ってみようかしら、と。
 で、無事できたんですよ。立派な枝豆ちゃんがなってくれました。










080923edamame.jpg
 こんな風に。













 が、一つ問題がありまして。
 枝豆の状態で収穫せずにそのまま放っておくと大豆になります。まぁせっかくなんで種まで作ってみようかと思い、一部はプランターに残して育て続けていたんですが、
















 虫さん大繁殖。

 













 蝶とかカナブンとかの可愛いのなら良いんですが、カメムシカマドウマ(通称《便所コオロギ》)絶対王政地帯。

 餌もあるし水分もある。彼らが生活するにはもってこいの場所だったんでしょうね。
 なのでしばらくは布団は勿論のこと、洗濯物も干せませんでした。ずっと浴室乾燥……。
 だって乾かしてて服にフンとか付いたら嫌じゃないですか……。

 私は待ちました。彼らが去ってくれるのを。息絶えてくれるのを。
 大豆は諦め、水も何もやらず、カラカラに枯渇した大地に仕立て上げて。

 待ち続けること2ヶ月。
 ようやく姿が見えなくなりました。












 私は勝ったのです。











 そして今日。
 意気揚々と布団をベランダに持って行き――
















 生き残りがいました。














 カメムシさんがプランターの端に座ってコチラをじっと見つめていました。
 が、たかが一匹。適当に追う払おうかと、私はスコップでカメムシさんをつつき――


















 落ちた。

















 何の抵抗もせず、熟した実が落ちるかのようにポロリ、と。















 そうです。














 彼はすでに息絶えていたのです。















 が、ソレを全く感じさせない威風堂々とした構え。


 私は垣間見ましたよ。
















 気絶しても拳を出し続けるボクサーの姿を。















 有り難うございました師匠。












 でも目障りだから消えてね。

















 (ω)で、どうしたの?

 埋めた。


ホームサイトへの案内状