ロスト・チルドレン2-5

 さて、五話でございます。
 コレにて中盤の山場を越え、いよいよ終盤へと差し掛かって参ります。
 それにしても『クラブ・ナイン』と『ハート・ワン』、やっぱり死にましたねーw。もう、武装運搬車輌に乗ってる時から死亡フラグ立ちまくりでしたからねーww。
 主人公達に冷たい態度で接したチョイキャラは、遅かれ早かれ消えていく。これは運命というヤツですな。そういう意味では『ダイヤ・ワン』も? とか(笑)。

 あー、さてさて。
 この回では本作品のテーマについて結構触れております。章タイのサブタイにもなっております『答え』というヤツですな。四者四様という感じで、共通の悩み事についてそれぞれの答えを導き出していく。ソレがこのストーリーの中核となっているワケなんですが……大丈夫かな。
 まぁプロットからブレないように頑張って行きたいと思います。
 実は今回、珍しくプロットに忠実に進んでいたりしますので(笑)。

 そしてカーカス君。
 やー、やっぱりこうなっちゃいましたねーw。まぁアディクに嫉妬心を剥き出しにしていた時点で、このルート選択は容易に想像できたかもしれませんが。
 彼の視点は書いてて結構楽しいのですが、今回はちょっと口が悪すぎたかなー? っと推敲時に反省。書いてる時はカーカスらしさが滲み出ていて良いと思っているのですが、改めて読み返してみるとお下品のオンパレードですな。不快に思われた方はすいません(汗)。

 で、ついに来ましたよ。
 前作の主人公、ユティス=リーマルシャウト!
 まぁ早々に気付かれた方もいらっしゃるとは思いますが、ついに満を持しての登場。ゲームでも何でも、前作の登場キャラが神格化されて現れるというのは、王道にして私のお気に入りパターン!
 へっへっへ。最強のロスト・チルドレンの実力、とくとご覧アレ。

 そんなワケで今回はこの辺で。
 体の方がまだまだ本調子じゃなかったりするので(新しい風邪をもらったか?)、来週アップは確約できませんが、次回またお会いしましょー。ではではー。



















 (ω)このまま隔週アップが定着しそうな勢いね。

 ……頑張るよ。


ホームサイトへの案内状