待たせたな!(○・ω-)b”

 あー、はいどーも。全く更新のないまま一週間が過ぎ去ってしまいました。申し訳ない。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。私は今にも死にそうです。
 なんつか、疲れすぎてて頭も体も上手く動かないというか、土曜日がこんなにも土曜日だったことがないというか、かつてないバッドトリップというか……。
 まぁそんな感じでですな、この1、2週間でナニガアッタノカをご報告したいなと思います。


 始まりというのは別にそう大したことではないんですよ。
 ただちょっと「PCおっせぇなぁ」という不満があっただけでして。
 私の使っているPCというのが約五年ほど前に買った物なんです。買った当時はそれなりに早かったんですが、色々ごちゃごちゃとデータを入れ込んでいくウチでガクガクになってきまして。
 そのことを一番感じ取ったのは研修の宿題をやっていた時。
 A3のパワポを作り込んでいくと、オブジェクトをほんのちょっと動かしただけで処理落ちとか……。だからあの時は二重の苦しみと戦いながら頑張っておったワケであります。
 で、ソレ以来ずっと「替え時かなぁ……」と悶々とした日々を過ごしていたんです。


(十万くらい出せばいいのあるしなぁ……)


(でも設定メンドくさいしなぁ……ソフトのインストールとかなぁ……)


(けど遅いよなぁ……ネットとかまじで鬱なんだよなぁ……)


(買うか……? いやでもなぁ……)















 と、その時の私は優柔をふんだんに抱え込みながら悩み抜いておりました。
 「買いたい」という思いと「面倒臭い」という思いがせめぎ合い、まさに互角の真剣勝負を繰り広げていたんです。




 何か後一押し。




 どちらかの背中を叩いてくれれば決断できる。
 迷いを吹っ切れる。
 そんな時、ふと思い付いたんです。
 



(そういえば今のPC、確かBIOSいじってたんだよなぁ……)




 BIOSというのは簡単に言うとPCの基盤中の基盤を制御しているプログラムのことで、人間で言うところの本能みたいなものです(CPUは頭脳)。
 そこの設定で「VRAM」というのがございまして。
 これは「ビデオメモリー」のことで、図形などを描写するのに使われる領域のことです。
 人間で言うところの精神的余裕にあたります(ハードディスクは長期記憶力)。
 この容量が大きければ大きいほど沢山の映像処理を押しつけても、パッパパッパとこなしていってくれます。
 私はメモリー容量(人間で言う短期記憶力。覚えるのは早いけど忘れるのも早い)を増やすために、このVRAMを削ってメモリーに当てていました。買った当時は「取り合えず文章が書ければいいや」と思っていたので、映像処理能力は後回しにしていたんです。
 が、ココに来て事情が変化。
 パワポを始め、ニコニコ動画などに嵌っている私にはVRAMの方が重要になってきました。









 
 ならばBIOSの設定を変えようではないか。











 そう思い、私は設定画面を立ち上げました。


 ソレは色気も飾り気もない地味極まりない画面。
 その真ん中あたりにありました。








 VRAMの容量設定項目が。








 現在の容量はわずか8MB。












 生まれたての赤ん坊くらいの精神的余裕しかありません。











 そして拡大可能な最大領域は32MB。












 まだまだ少ないですが高校生くらいには成長してくれそうです。











 私は迷うことなく32MBを選択。そして再起動しようとして――









(CPUフリークエンシー?)











 別の項目が目に止まりました。

 CPUフリークエンシーとはクロック周波数とも呼ばれる物で、コンピュータ内部での信号のやり取りが一秒間に何回行われるかというものです。人間で言うところの脈拍に当たります。
 早い話、この値が高ければ高いほど処理能力は向上します。
 ならばやることは一つ。











 現在のクロック数は100MHz。









 拡大可能な値は133MHz。











 迷うことなくソレを選択。














 よーし! これでこのPCも少しは早くなる! きっと買い換えずにすむぜ!













 と、意気揚々再起動。

 画面は一旦真っ暗なり――











(あれ……?)










 反応がない。










 いくら待っても画面は暗いまま。

 おかしいな。完全に電源を落とさないとダメなのか?
 仕方なく強制シャットダウンしてもう一度起動。












(あ、あれ……?)














 立ち上がらない。















 もう一度。















(あ、あああ、あれ、あれ……?)















 立ち上がらない。














 つかWindows のロゴマークすら出ない。

 おかしい。おかしいぞ。
 どういうことだ。一体何が――

 ――と、そこまで考えた私の頭によぎる一つのフレーズ。
















 オーバークロック。

















 さきほどクロック周波数は脈拍のような物だと言いました。
 脈拍が強いと血液が早く流れて循環は良くなる。
 しかし過剰な血流は体に負荷をもたらす。時には血管を破ったりする。
















 それがオーバークロック。


















 つまり脳卒中

















 ……う。
















 うわあああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!
















 《つづく》


ホームサイトへの案内状