間違いだらけの手毬歌、してくれますか?1

 ああ、今日はなんか昼前まで寝てました。一週間分の疲れを一気に解消ー。
 ……できてると良いんですけど。

 世間ではすでにゴールデンウィーク入りした方もいらっしゃるとか。今回は最大16連休ですか。うらやましいやら、テメーそんなことしたら次仕事行きたくなくなるじゃねーかとひがんでみたり……。
 ま、私のところは休みなんぞ「え? ソレって香ばしいの?」的な状態なんで、全くの無関係。バリバリ働くぜぃ!


 ……でも休日出勤とかは勘弁したってなー。
 ま、普通に行けば来週は二日休み(5/1はメーデー)なので、やや余裕のある生活
を送れると思います。ああ、なんか久しぶりに秋葉原とか行ってみようかなぁ……。何も考えないで一日中ゲームとか、怠惰極まりない生活を送ってみたいのぅ……。

 さって、そんな中で一ヶ月ぶりの小説更新。一週間ぶりのブログ更新です。ごめんよぅ……。
 「してくれますか?」シリーズ第七弾、『間違いだらけの手毬歌、してくれますか?』で御座います。
 春日亜美と黒岩剛一狼のカップリングによって誕生した黒岩菊華と、おっぱいに生涯を捧げる男、東雲昴(最近『小説 ブルマ おっぱい』の検索ワードで小説ページに来られる強者もいたり……嗚呼)、そしてミステリアス感漂う七十歳な十七歳(笑)、雛守小梅の三者をメインに据えてストーリーを展開していきたいと思います。

 で、コレを書くにあたってですな、『一緒に孤立、してくれますか?』を読み返したりなんかしていたワケなんですが……。
















 太郎ねーよ。

















 この人って最初はこんなキャラでしたっけ? まぁなんというかその……

















 死語使い
、的な。

















 「春日のヤツのロンリーハートをお前のラブアイズドキューンしてこい」



















 ありえねぇ。
















 もう次の『成仏』では片鱗もなく、さらに無愛想さが一気に増して、と……。

 ……まぁ、ほら。














 二次創作での性格改変は当たり前って言うからね。













 えー、とにかくそんなわけでして。 
 なんと今回はもくじページが付いています。
 つまりま……そういうことです。


















 長いです。















 登場人物沢山です。

















 テメーコノヤロー、別に今に始まったことじゃねーじゃねーかと言われればソレまでですが……つか、言ってくれると大変助かるのですが……“軽くて短い読み物”がコンセプトだった『してくれすか?』シリーズは、どうやらファースト・ジェネレーションで終わっていたようです。
 セカンドからは、ファーストで登場したキャラなども交えながら、腰を据えてじっくりと攻めていこうかと思います。

 ……ま、別に意図してやってるワケじゃないんですけどね。
 各キャラを納得いくまで掘り下げていくと自然とそうなってしまぅ……。

 えー、そんなわけで最後までお付き合い頂ければ幸いでございますー。ではではー。

 
















090426.jpg

ホームサイトへの案内状