高見を目指す者

 今の部署は非常に秘密主義的なところでして。
 まぁ会社の中核を担う場所なので、社内秘も沢山ありますから仕方ありません。
 なので普通の会話であっても暗号化されています。
 「SOS」とか「G-25i」とか「TMLS」とか「サル」とか「ティア」とか。
 内部の人間が聞けば分かることでも、その略号が何を意味するのか理解できない人にはチンプンカンプンです。



 この部署に来て約一ヶ月半。
 私も最初のころは「ここって日本だよね?」と、眉間に深いシワを刻む毎日でした。しかし最近は大分慣れてきて、私自身も暗号で話せるようになってきました。



 が、未だにどうしても付いていけない会話があります。



 それは例えば一昨日のこと。
 『逆コナン』『シャドウゲイト』の会話。










「ね~ね~ね~、アレやった? アレ



アレ? ああー、アレね。やっときましたよ」



「じゃあさ~……後……え~っとなんだっけ?」












「コレとコレとコレでしょ?」















「そう~、ソレとソレとソレ

















 ドレとドレとドレだよ。



















 ……この暗号を使いこなせるようになるには五年くらい掛かりそうです。


 

 















090516.jpg

ホームサイトへの案内状