真顔はやめて、真顔は……

 休みキター……。
 あ゛ー、何か最近、平日は仕事から戻って来てグッタリしてぼへーっとして、何かしようという気にはなれず。
 休日も、土曜日はたまった疲れを取るためにぼっへーっとして、何かしようという気にはなれず……。
 今までは執筆するためにあった時間が、仕事のための鋭気を養う時間に移行しつつあります。まぁこれもきっと慣れの問題なんだとは思うんですけどねぇ……どうなんざんしょ。私も年だなぁ……(笑)。



 さって! なかなか思うように事は運びませんが、頑張って文章書いていきたいと思いまっす!




 えー、先週の金曜日、グループミーティングがありました。
 これは日々行っているの仕事の報告会でして、月に一度開催されます。大体月末ですな。
 結果が出ている時は別に苦にはならないんですが、結果があまりない時は大変です。いかにしてあるように見せかけるかに四苦八苦です(笑)。
 しかし私とてだてに五年間社会人生活を続けていたワケではありません。
 ある程度のコツは分かっています。




 まず自分の結果を否定しないこと。

 結論は必ず「良い方向に進んでいます」的な言葉で締めくくること。





 悪い結果を出さないこと。

 聞き手になるべくツッコミ所をさらけ出さないこと。まるで懺悔でもするかのように、全てをベラベラ喋るのはNGです。









 そしてとにかく堂々と発表すること。

 ハキハキとした喋りで、相手の顔をちゃんと見ながら、胸を張って説明することが最も大事なことです。

 この三点を踏まえていれば、どんな結果であれそこそこのプレゼンができます。













 ……ま、見抜かれる人には見抜かれるんですが。











 で、今回のところはとりあえず成功しました。
 ボスである『逆コナン』はちょっと渋い顔でしたが、それ以外の人達はまずまずの反応。
 特に『大胆撫子』からは、













「飛乃さんの声って低いし渋いし、それに流れるように説明してくれるから、何だか聞いてて気持ちよくなりましよ」












 いやいやいや。はっはっは。




















「だからすっごく眠くって




















081218korosu2.jpg



















 ……とまぁ、どんなことにも例外はあるんだということですな。

 皆さんも自分なりのプレゼン法を確立してみて下さい。
 ではでは。サイナラー。


 
 

















090628.jpg

ホームサイトへの案内状