間違いだらけの手毬歌、してくれますか?9

 一週間で残業二十時間オーバーとかないわぁ……。
 帰ってきたら「寝る」「酒飲んで寝る」の二択のみとかないわぁ……。


 えー、そんなわけで『手毬歌』、ついに完結で御座います。
 ほんっと長くなったなぁ……。まぁひとえに登場キャラの多さゆえなんですが。
そして相も変わらず魔王にトドメを刺されてしまった夜水月クン(笑)。ホントは太郎の娘、緋美湖にその役目を担わせるつもりだったんですけどねぇ。




「親父殿が不在の今! アタシがこの地球の平和を守ってみせる!」




 そしてバックで炎がドーン! みたいなノリで。
 ちなみに脳内設定では、緋美湖は戦隊モノマニアのワンパクお嬢さんです。
 気弱で女の子みたない外見の弟、炎磨(えんま)を無理矢理引き連れ、今日も悪を根絶やしするために奔走する――





「クリムゾーン・レッド! 緋美湖!」

「な、なでしこピンク……炎磨……」

「胃袋から声出せぇ! すりつぶすぞぉ!」

「お、おねえちゃぁん……」

「ゆくぞ! 必殺! 『百一匹フンコロガシ』ぃ!」














 みたいな。
 


 まぁそこに昴憑きの菊華がどう絡んでいくのか……見たかった気もするけど、今は無理。











 マジ無理。















 リアルビジィ、マジパネェ。















 なので緋美湖を登場させるときっと心残りが出来てしまうので、最後は太郎にしめて貰いました。
 でもきっと夜水月は死んでないだろうなぁ。
 太郎もなんだかんだで夜水月(を不幸にすること)を気に入ってそうだし。
 続きを書くとすれば、再登場させたいものですな。

 で、肝心の昴と小夏ですが……。

















 結ばれてないよね?

















 ええそれはもう、歴代の「してくれますか?」ヒロインの中で、抜群に感情移入できませんでしたから(爆)。
 何だろ……やっぱり小夏視点から書けなかったってのが一番大きな気がするなぁ。
 昴は小夏に心酔しきってるんだけど、書き手としては菊華とくっついて貰いたいみたいなのがあって、そこで激しい葛藤が……!(いらねぇ)

 なので『小夏ちゃんイマイチ可愛くないんですけどぉ』というご感想をお持ちの方がいましたら、大人の事情があるんだなぁくらいの広い心で受け止めて貰えると幸いです。

 何か『死神』に引き続き『してくれますか?』まで「続く!」的な終わり方でしたが、全て私の未熟さ故の所行で御座います。≦(_ _)≧


 もう平日は雑記も書けないほどの忙しさですが、なんとか最後に向けて頑張って行きたいと思います。
 で、恐らく次で最後の雑記になってしまうかとは思います。そこで閉鎖のもう一つの理由なんぞを。
 そんなわけでまた来週お会いしましょう。ではではー。


















090812.jpg

ホームサイトへの案内状