女性の涙について





 
 どーもこんにちは、飛乃剣弥です。
 ついに『その20』までやって参りました。次でDISC1が終了します。多分ね……。変に編集を凝らなければね……。
 今回はヘタレのアーヴァインが大活躍。そしてアカギも大活躍(笑)。

 ま、通報されてもおかしくないレベルの内容なんですが……通報されたらその時考えよう。





 さ、て。動画の内容についてはこのくらいでサラっと流すとして。
 タイトルがいささか重い感じになっていることにお気づきだろうか。
 
 まぁ正直なところ、女性が泣いている場面に遭遇するのは昔からちょくちょくありました。クラスメイトだったり、全くの赤の他人だったり、あるいは母親だったり。
 けどいずれの場合も納得できる理由がありました。例えばクラスメイトなら、まだ小学生だからしょうがないなぁとか。赤の他人のケースは、大半が男女関係のもつれだったり。
 
 けどね。
 先日、全くもって納得のいかない涙に遭遇したんですよ。
 ま、その女性とは私が動画の中で『魔女』と称している方なんですが。彼女、『シャドウゲイト』かなり仲が悪いんですね。
 けど仕事の関係上、どうしてもお付き合いしなければならない。

 で、この『シャドウゲイト』




 ハッキリ言って無能です。




 単に年だけくって年功序列で地位だけが上がっていった、いわゆる給料泥棒です。

 実験の内容は非常にお粗末な物で、まったく系統だっていない。失敗してもそれを反省しない。同じミスを繰り返す。挙げ句に上司への報告もほとんどせず。しかし長い物には巻かれまくるという……。

 けど私の中ではもう割り切っていまして。この人には期待しないことにしています。
 ま、私のチームのリーダーなんですけどね(笑)。
 しかし『魔女』さんの場合はそうではなく。どうしても彼女のだらしない仕事っぷりに不満を抱き続けている様子。
 ま、『シャドウゲイト』がテキトーなことやってると、こっちにシワ寄せくるんでしょうがないんですが。 

 はい、前置きが随分と長くなって申し訳ないです。
 ここからが本題です。

 ま、端的に申し上げますと、『魔女』さんが泣いたんですねー。
 その不満が限界点を突破して。
 突然だったんでビックリしましたよ。
 いきなり目が真っ赤になったかと思うと、次の瞬間ドバーッ! っと……。
 実験室には私達以外にも人がいたのに、彼女は大泣きしてました。声は上げませんでしたが。
 人前であれだけの涙を見せたんです。相当深いところまで不満が浸透していたんでしょう。
 『魔女』さんはそのまま実験室をでて、どこかへ行ってしまいました。

 で、思ったんですよ。



 このままじゃイカンなと。



 このまま放って置いたら、彼女はまたいつか泣く時が来るだろうと。



 そうならないようにするためには、原因を何とかしなければなりません。






 つまり『シャドウゲイト』を。







 だから私、『シャドウゲイト』に言ったんですよ


 彼女に仕事をふる時は、必ず私を介してくれって。


 ま、直球で言ったら反撃食うの目に見えてたんで、色々と建前を用意したんですが。

 とにかくこうしておけば、少なくとも嫌いな人の声で仕事をさせられることはないし、『魔女』さんがキャパオーバーだなと思った時には私が一部を担えばいいわけですから。
 よしよし、これでちょっと様子を見てみようと思ったわけですよ。



 が、その僅か一時間後、信じられない光景が目に入ってきました。


 親しげに話していたんですよ。




 『シャドウゲイト』と『魔女』さんが。




 持っていたスイーツについて話しながら、「これ美味しいですよ。『シャドウゲイト』さんもどうですか?」とか、「『シャドウゲイト』さんってそういうところ鋭いですよねー」とか。









 え――ちょ、何……?











 これは何?















 いったいこれは何の大喜利なんだ……?














 って感じですよ。

 私にしてみれば。

 だって人前で大泣きするくらいムカついてた相手と、舌先も乾かぬうちに楽しく談笑とか……。

 男同士ではありえないですよ。
 そのまま一生口も聞かないってことになってもおかしくないレベルでしたからね。

 頭の中がハテナマークで一杯になる中、









 これ……ひょっとしなくても俺のフォローいらなかったんじゃね?











 と考えつつ、三日前にも同じような光景を見たなと想起。





 そういえば『シャドウゲイト』も泣いた、みたいなこと言ってたな、と。

 一週間ほど前にね、彼女が『テキトー』と飲みに行ったらしいんですよ。エライ人を連れて三人で。
 この『テキトー』

 なぜかエライ人の前では、やたらと部下を罵倒するんです。

 やれ「なんで今頃こんなことやってるんだ」とか、「さっさとこっちに回してくれれば、今頃もっと楽だったのによー」とか。

 多分、自分が有能であることをそのエライ人にアピールするためだと思うんですが。

 で、その時も例外なく『シャドウゲイト』が罵倒されたらしいんですよね。
 そしてその夜。私の携帯に彼女からメールが来まして。
 内容を要約すると、


『どうしてあそこまでコケ下ろされなければならないのか。とくにかく悔しくて涙が出てきた。あいつの顔はもう二度と見たくない』


 といったものでした。
 そのメールに対して私は、『テキトー』のいい加減さを引き合いに出して彼女をなだめたんですよ、一応。









 大嫌いなんですけどね。











 『シャドウゲイト』のこと。













 もっと大嫌いだからなんですけどね。













 『テキトー』のこと。













 その翌日。
 『シャドウゲイト』はブチ切れてましたよ。一日中『テキトー』の文句言ってました。

 ここまではいいんです。

 普通の反応だと思います。

 が、その四日後のことですよ。

 『テキトー』『シャドウゲイト』の会話。




 テ:「あー、俺今日金ねーなー」

 シャ:「なんのこと?」


 
 ――すでに普通に会話している。




 テ:「寿司食いに行きてーなー」

 シャ:「あー、いーねー!」




 ――即座に反応。






 テ:「じゃあ今日行くか!」

 シャ:「いいよ、別に!」







 ――てかご機嫌良さそうに。













 ありえなくね?


















 泣くほど悔しかったんでしょ?





 顔も二度と見たくないほど憎んでいたんでしょ?








 
 ほんの数日前までは。







 それがこの変わりようですか……。


 もうホント意味不明だったんで、別の女性『ザラキ』に聞いてみたんですよ。
 女の人ってそんなもんなの? って。

 そしたら一言。
















「まぁ、泣くと結構スッキリするからね」

 














 いや、分かりますよ。その気持ちは。
 涙にはストレス物質が含まれているってことも科学的に証明されていますから。ある程度気持ちが落ち着くのは。











 けど180度反転するってどうなの?












 今回ほど自分のフォローが虚しく空ぶったことはありませんでしたよ。ホント。









 えーっとつまりですな。








 何が言いたいかというと、




















 俺が泣きてぇ。



















 女性の涙は最大の武器っていいますけど、これほどタチの悪い武器はないんじゃねーかっていう……。

 レザーウィップ(革のムチ)だと思ってたら、それレーザーウィップじゃねーか! ってレベルですよ。












 女心は一生理解できる気がしねぇ……。


















101219.jpg


ホームサイトへの案内状

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する