今日のお前が言うな スレはここですか?













 『シュタインズゲート』 が面白すぎてヤバい。
 今まで全くのノーマークだっただけに、何故か無性に得したよーな損したよーな気分。
 逆に期待していた『そふてに』は一話すらまともに見れずに切ってしまった……。いやぁ、あの何もかも中途半端な感じはイカンと思うよ。




 えー、さて。
 ヤバいと言えば、動画の編集が楽しすぎてヤバい。
 以前も似たようなこと言ったと思うけど、あの時は“本編の編集”が楽しかったという意味で、今回のはOPと次回予告 の作成がヤバい。






 特にOP。






 もう完全に本編がオマケ状態になってきてる(笑)。てか本編の編集では物足りない。
 音楽に合わせてアニメーションさせるのが、こんなにも楽しい物だったなんてっ!



 これは刺激だよワトソン君。



 明らかに私の求めていた刺激だ。



 死にたい という考えから私を遠ざけてくれる賢者の石 なんだよ。



 私は自分の妄想力を文字に起こすだけではなく、動画に昇華させるすべを手に入れたっ。



 取り合えず次の企みとして、この実況プレイが一段落ついたら……かどうかは分かりませんが、私の小説作品のプロモーションMAD なんぞを作ってみようかと考えておりますー。
 うーん、よしよし。今から楽しみだ。それまでに出来るだけ腕を磨いておかねばな。まずは『死神』からMAD作りたい。まだ先だろうけど。





 あと、ついでにヤバいと言えば、上司の『テキトー』が相変わらずヤバい。
 先日ですな。私が仕事で7時過ぎまで残っていた時のこと。
 『テキトー』がフラーっと近寄ってきておもむろに溜息を付いたんですよ。
 で、ぐるっと辺りを見回して一言。


「7時過ぎで研究員が殆ど帰ってるって……そりゃ勝てねーわ」


 まぁその時は私と『テキトー』以外に2人くらいしか所員が残っていませんでした。その状況を嘆いて、こんなことではライバル会社に勝てないと言っているのでしょう。
 かといってサービス残業をしろとは立場上言えませんから、後のことは自己責任でということになるんですが。このご時世なかなかそこまで熱い魂をもった人はいないのが現実。研究員であると同時にサラリーマン。給料を貰ってなんぼの世界。極力残業を減らし、早く帰れる時には帰るのがお利口なやり方なんですよねー。
 まぁ、それで結果が出せる人は良いんでしょうが、私のように才能を努力で補わなければならない凡人は、時間を掛けるしかないんですよ。

 そんなわけで、その時も7時では仕事終わりの目処が立たず、結局ズルズルと――























「じゃっ、おさきっ」






















 ってお前も帰るのかよ!

























 ……なんかさ。ウチの会社で“説得力”って単語を知らない人が多すぎな気がするんですけど。



























110515.jpg


ホームサイトへの案内状


PS 小説を片っ端から読んで下さっている方! どうも有り難うございます! 大変励みになっております!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する