俺が……消える……!

 先日、いつものように実験室で実験に没頭していた時のこと。
 出入り口近くに見慣れない顔がおりまして。
 その人は知財グループの人なんですが、特許関連のデータについて質問があると時々やってくるんです。
 その時は急いでいたのか、誰かを捜しながら激しくキョロキョロしておりました。で、実験室を一通り練り歩いた後、近くにいた人を掴まえて、





「ねぇ? 飛乃さん、飛乃さんは? 飛乃さんどこ?






 って凄い勢いで聞いてたんですよ。




















 私の真後ろで。



















 ……。



















 ……彼の言い分だと、私が実験中にしている安全眼鏡のせいで、顔がいつもとは違って見えたから、らしいです。




 ああー、なるほどねー。




 それなら納得ですよねー。




 うん。それなら仕方ない。





 それは了承せざるを得ない。




















 ……死にたいわ。
 





















111030.jpg


ホームサイトへの案内状

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する